モテたいなら、食事は男が全部おごるべきか?


どうも 甲本です。

さてさて

今回のテーマは

「食事は男が全部おごるべきか?」

です。

これは男性諸君にとって結構悩ましい問題
なのではないでしょうか?

モテたいけど、女からたかられるのは嫌だし、
かといってケチだと思われるのも
印象が悪そう・・・

というわけで、
今回はその辺りを解説していきたいと思います。
 

◆女性は男の何を見ているか?

まず繰り返しお伝えしている大前提として
女性というのは

強い雄(優秀な雄)

に惹かれる生き物です。

これはもう動物としての本能なので、
抗うことはできない理だと思います。

もちろん、人によって
どの部分の優秀さを求めるかは
変わってきます。

ルックスがいいという優秀さを
重視する女の子もいれば、

筋肉ムキムキがいいという子もいるし、

会話が面白いことが大事という子もいます。

そして、当然ですが、

経済力を重視する女性も多くいます。
 

◆基本は全額おごる



強い雄、優秀な雄が女性から求められているのですから、
当然食事などの際には全額男が出した方が

気前がいい、経済力がある、紳士的

というような高評価をもらえることになります。
 

なので、はっきり言ってケチはモテません。

女性とご飯に行って、合計が2562円でした。

だから「ひとり1281円ずつだね」

なんて言ったら
結構引かれると思います(笑)
 

僕は今はある程度の経済力もあるので、
女性と食事をした場合には
基本的に全額おごっていますね。

「飯代は男が出す」

自分ルールで決めているので、
女に金は出させません。

というのも、生きる上で最低限必要なことって
「食べる事」だと思うんです。

その費用を全額負担するわけですから、
女性側としても

この男に付いていけば食いっぱぐれる事はなさそうだな

と無意識に感じてもらえるのではないかと。
 

そして、それは「男らしさ」という要素に
繋がっていくと思います。

まぁ、飯代なんて高いとこに行っても
せいぜい2万か3万かってとこですよね。

それくらいは余裕で払える経済力を身につけるのも
モテる男を目指すなら必要な事だと思います。
 

おごる時の注意点

食事をおごる時はスマートに。

これが秘訣です。

できれば相手がトイレなどで席を外している時に
サッと会計を済ませてしまうのがベストですが、

それができない場合でも
「おごってやる!」みたいな
上から目線の態度は完全にNGです。

それじゃあ女性だって
「別に自分で払えるし!」
って反発したくなりますからね。
 

そしてもう1つ

間違っても見返りを期待して
おごらないでください。

「いつも飯おごってんだからさー」

みたいなことを口にした瞬間に
あなたの男としての格は下がります。

下心をあらわにすれば
当然女性からは警戒されますから
最悪の場合、次に食事に誘っても
来てくれなくなる恐れもありますね。
 

会計になった際には

「あっ、ここはいいよ」

と相手が払おうとするのを制したり、

「飯くらいはおごります」

とニッコリしながら言ってお金を出して下さい。
 

あくまでサラリと支払うのがコツです。
 

◆おごった後の女性の態度は要チェック

食事をご馳走した後ですが、
女性がどういう態度をするのかは
チェックすべきポイントです。

「ありがとう」

とか

「ご馳走様でした」

とか

「次は私が出すね」

といった言葉が出れば
その子はいい子だと思います。
 

逆に、おごられて当然という態度だったり
感謝の様子が全く無い場合は
仮にその女性と付き合えたとしても
苦労するかもしれませんね。

見返りを期待して食事代を出すわけではありませんが、
人としての礼儀をわきまえている女性かどうかというのは
長い付き合いをしたいと考えているのであれば
重要なポイントだと思います。
 

相手はあなたが好きなのか?
あなたの持っている「お金」が好きなのか?

お金が好きであなたとの付き合いをしているのであれば、
お金が無くなるとその子もいなくなります。

結婚なども視野に入れている場合は
その辺の見極めもきちんとするようにしてくださいね。
 

◆ご馳走したお礼をされたらどうする?

ご飯をおごった後に女性があなたに対して
何らかのお礼をしようとする場合が多々あります。

「これ、この前おごってもらったお礼」

とか言ってお菓子をくれたり、

「ここは私出すよ」

と別の店ではお金を出してくれたり、
そんな感じで。
 

こういった「お礼」に対しては
どう対応すればよいか?

それに関する興味深い心理学のデータがあります。

それによると

「お礼を受け取らない人も嫌われる」

ということなんですね。

与えるだけ与えといて
自分は何も受け取らない
ってのはダメだということです。

人間というのは借りを作っておいて
それを全く返せないという状況は
気持ち悪いと感じる傾向にあるんですよね。
 

だから、食事をおごった後に女性から

「これおごってもらっちゃったお礼」

って言って渡されたものを
受け取らないってのは
相手に対して失礼な事に当たります。

せっかくの相手の気持ちを
むげにするようなことはしてはいけません。

「マジか!? そんなの全然気にしなくて良かったのに!
 でも、ありがとう!」

という風に、すげー感謝しながら
受け取れば相手も絶対喜んでくれるはずです。

こうやって良い気の循環をさせながら
人と人は繋がっていくわけですね。
 

◆この割合で出せば高評価

さて、「食事は全額男が出せ」という風に
ここまでお伝えしてきましたが、

正直全部出せるだけの経済的な余裕が今はない・・・

という方も中にはいらっしゃるかもしれません。
 

そんな場合でも

男6:女4

の割合は最低でも守って下さい。

女性よりは男の方がちょっとは多く出す
という事ですね。

それも無理な時にはもうデートしてる場合じゃありません(笑)

働いて稼いで下さい。
 

また、僕の場合で言っても
食事代は基本的に全部出しますが、
それ以外については全然別です。

例えば、旅行に行くからといって
旅費を全部持ってあげたりはしません。

そこまでやってしまうと
相手は金銭感覚が麻痺してくるだろうし、
女性側にもある程度のコストを強いることで
こちらに対して本気にもなってもらえる
というものです。
 

なので、僕の感覚では
食事代は全て男が出すけども、
それ以外のデート費用なども含めて総合すると

男6:女4

くらいの割合になっているのが
よろしいかと思います。
 

まぁ、もちろん経済力に大きな差がある場合は
多少変わってきますけどね。

こっちは社会人で相手は学生だったりするなら

男8:女2

くらいになる場合もあるかもしれません。

その辺は臨機応変に。
 

いずれにしても、男の方が多く出す
というのは変わらないポイントです。
 

◆まとめ

・ 女が求めているのはいつの時代も「強い(優秀な)雄」

 => 経済力がある方が優秀
 

・ 食事に関して、基本は全部おごる。(スマートに)
 

・ お礼を受け取らない人は嫌われる

 => お礼は感謝をしつつ素直に受け取る
 

・ 払う割合の理想は6:4(ちょっとだけ多く払う感じ)

 => 相手も申し訳ない気持ちにならないし
    ケチな奴だと思われることもない

 

無料eBook|恋愛論

あなたは

「どうやったら可愛い彼女ができるかわからない」

「どうやったらモテるようになるかわからない」

と悩んでいませんか?

この『恋愛論』の中では彼女を作るために必要な理論、戦略、戦術、テクニックの全てを詰め込みました。

<内容の一部>
◆モテの5大原則
◆モテの基本ルール
◆女性が無意識に抱く6つの心理的障壁
◆最強の恋愛戦術QUEST(クエスト)
◆彼女をあなたから離れられなくする方法

などなど、

一読していただければ、恋愛という不確かで形の無いものが、ここまで論理立てて解明できるものなのか・・・と驚かれる事と思います。

さぁ、『恋愛論』をダウンロードして「モテる」という新たな境地の扉を開いてください。
メールアドレス

LINEで特典を受け取りたい方は以下から友達追加を行ってください。

友だち追加

▼QRコードを表示する

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)