キスにおける2つの大罪

ども 甲本です。

僕が昔ある女性と付き合っていた時の事です。

その子は社会人になった後にも
趣味でテニスをやったりしていて
スタイルも悪くないし、
顔も僕の好みに合っていました。

そして、よく笑うし
フィーリングも合うなと思っていました。

しかし、最終的には別れました。

その理由の一端をこれからお話します。

その子はコーヒーが好きだったんですね。

で、これからお泊りをするって時にも
コンビニでコーヒーを買って飲むんです。

そして、その後に歯を磨くこともなく、
口を水でゆすぐこともなく、
キスを迫ってきます。

僕もコーヒーは好きで今でもよく飲むし、
その香りにも安らぎのひとときをもらっていますが、
他人の口からするコーヒーの香りは
単なる口臭でしかありません。

僕は結構匂いには敏感な方なので
それが嫌だったんですね。

もしかしたら

「好きなんだったらそれくらい我慢できるでしょ?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
多くのカップルはそういう小さな不満が積もり積もった結果、
破局を迎えてしまうわけですよね。

しかも、

「口臭いよ。歯磨いてきて」

なんてキスする前に面と向かって言えますか?

さすがに言いづらい部分ですよね(苦笑)

こういう気づかない所での減点は
結構痛い
んです。

一度嫌なとこが目に付くと
どんどん芋づる式に嫌なとこが見えたりするもんです。

で、実はその子とキスする時に
気になったことはもう一つあって、

キスの時に目をものすごく見開いて
こっちを見てるんですよね。

それはもうガン見です・・・。

こういう言い方をすると失礼だと思いますが、
正直ホラー映像ですよ。

ロマンチックなムードも何もあったもんじゃありません。

このブログを通じて恋愛について学んでいるあなたが

・キスの前に臭いの強いものを飲む(食べる)
・キスの時に相手の顔をガン見

なんていう凡ミスを犯すとは思いませんが、
思わぬ所に落とし穴というのは潜んでいるものです。

つまらないミスをしないように
気をつけてくださいね。

甲本

事前にターゲットを調査する方法

ども 甲本です。

恋愛において、もっともスマートなのは
自分の魅力のみで相手を落とすことです。

これができるのが理想ですね。

しかし、当然ながら魅力だけで落とすには
ちょっと厳しいなと思う相手と遭遇することもありますよね。

そんな時は「戦略」「戦術」「テクニック」といった
様々な武器を用いて攻めていく必要があります。

そして、肝心要の「戦略」を決める上で
最も重要なのが“情報”です。

とにかく相手についての情報は
多ければ多いほどいいと思います。

例えば、

もし「相手が興味のあることベスト10」がわかっていれば
話題には事欠かないですよね。

もし「相手の行動範囲」や「休みの日に行くところ」がわかっていれば
新鮮なデートプランを提案できますよね。

もし「相手が大好きな食べ物」を知っていれば、
それをおごるという口実でデートに誘うこともできますよね。

これはほんの一例に過ぎませんが、
情報には力があるということは
理解してもらえたんじゃないでしょうか。

では、その情報はどうやったら知ることが出来るでしょうか?

まぁ、本人と会話しながら知っていくというのが
一番オーソドックスな方法だと思いますが、

やはり先んじて知ることができた方が
俄然有利ですよね。

そこで、SNSを活用しましょう。

SNSとは

ソーシャル・ネットワーキング・サービス

の事ですね。

有名どころで言えば、

mixi(ミクシィ)、GREE(グリー)、
Mobage(モバゲー)、Facebook(フェイスブック)

などが挙げられます。

Facebookなんかはもう知らない人の方が少ない
ってくらいに流行ってますよね。

実際にあなたの周りでも多くの友人や知人が
Facebookをやってると思います。

そして、そこでガンガン自分の個人情報を
さらけ出してくれていると思います(笑)

これを利用しない手はないでしょう。

試しに相手の名前をFacebookで検索してみて下さい。

普通に検索しても出てこないのであれば、
ローマ字にして検索し直すと出てくるかもしれません。

もし相手がFacebookを利用していることがわかれば
そこは情報の宝庫です。

年齢
住所
電話番号
メールアドレス
勤め先
交友関係
過去にどこに行き何を食べたか
 :
 :

などなど、様々な情報を得ることができます。

ある意味、怖い時代ですね(笑)

これだけの情報を得られるのであれば
そこからアプローチの足がかりを得ることも出来ると思います。

情報を制することで恋愛を有利に運んでいってください。

ただし、時には知らない方がよかった…
というような情報を得てしまうこともあります。

例えば、今片思いをしているあの子には
すでに彼氏がいることがわかってしまうとかね。

実際、僕の友達はいい雰囲気になっている女性が
バツイチ、子持ちということをFacebookを見て知り
軽いショックを受けたと言っていました。

でも、そういうのっていずれはわかってしまうことなんで
事前に知っておいてもいいのかなと僕は思いますけどね。

勝率を1%でも高めるためも、
あらゆる戦局に素早く対応できるためにも、
使えるものはどんどん活用して行きましょう。

ではでは

今回は以上です。

ありがとうございました!

甲本

いい人止まりが怖くて

> —– 質問、感想、恋愛相談の内容 —–
> 先日好きな人ができました。実に3年振りぐらいに。
>
> 相手が自分のメルアドを調べてメールしてくれたので、
> 「多少脈があるのかな?」と思いとりあえず自分が遊びに誘いました。
>
> それが思いのほか楽しくて、帰った後相手から
> 「楽しかったです。これからもメールしていいですか?」と言われて
> 良い線いってるではないか!と喜んでました。
>
> ここから1週間に5日はメール(自分から)、ごはんを食べに行ったりして
> 相手の反応も悪くはないだろうと思える日々が2週間続きました。
>
> その間にすごく感じの良い子だなって思えたので自分のボルテージもどんどん高まります。
>
> それがある日、メールで「以前付き合っていた彼氏のことがまだ心に残っていて、
> Kさんとは仲の良い友達でも良いかなって思ってました、でもメールのやり取りで
> Kさんはそれだけでもないのかなって思えて。これが今の私の気持ちです」という
> やり取りがありました。
>
> 思わず会いに行って、もう告白してしまおうかと思いましたが、
> 女友達から「まだ全然会って短いからそれも普通じゃない?」というアドバイスを受け、
> 「元彼とは長かったから仕方ないよね、でもこれからも僕は○○とは
> 時々あったりメールがしたい」というと「良いですよ」という返事を彼女からもらいました。
>
> 以上今のところの経過です。
> 「人畜無害な男」と思われる人生を続けてきたので、いい人止まりが怖いです。
> でも告白してしまってこの彼女とダメになるのもと思うと…。
> 甲本次郎殿のブログにたどり着いた次第です。
>
> 自分の問題点は、
> ①他愛無いメールなら出来る、しかし少しずつアプローチをかけるなどできない、
> ②相手からのメールで「ドキドキします」など気を持たせるようなことを言われてたので
> 大丈夫だと思っていた、
> ③それなのに相手から「仲の良い友達」発言があったため近づけない
>
> …もうまとめ方も無茶苦茶で申し訳ない。
>
> これから自分は、少しずつ距離を縮めていく努力をしなければいけないだろうとは
> 思っています。少なくとも相手は私の気持ちには気づいているだろうし、
> それでも会ってくれるのなら脈が無い訳ではないと思いたいのですが、
> 自分の発言は「良い人路線」に拍車をかけてしまったような気がして。
>
> 甲本殿のご意見をお聞かせ頂きたいです。乱文失礼しました。

なるほど。

このメールの文面だけを見て
彼女の気持ちの推移を僕が読むと、

最初はKさんのことを多少なりともいいなと思って
近づいてきたんだと思います。

わざわざメールアドレスを調べてまで
連絡を取ってくれたわけですからね。

しかし、それに対してちょっとがっつき過ぎましたね。

人間は手に入ってしまったものには
なかなか価値を見いだせない生き物です。

「あー、この男はもう自分に惚れている。
 思い通りになる」

と思われれば、とたんに気持ちも冷めてしまいます。

だから、元カレがどうのと離れる理由を
持ち出してきたのかなと。

まぁ、あくまで憶測でしかありませんが。

で、この憶測が正しいとして
今後どのようなアプローチが考えられるかというと、

1.いったん引く

2.あえてこれでもかと押してから、引く

3.仲の良い友達として付き合い、他の女の子を紹介してもらう

の3択が特に有効かなと思います。

まずはいったん引いてみて下さい。

引くというのは「好意を遮断する」ということですね。

別に相手の悪口を言ったり、批判したりするわけではないので
その点はご注意下さい。

で、これが上手くいけば

「あれ?Kさんは私に惚れてるんだと思ってたのに
 今はもう違うの?」

というような心の動きが彼女の中で起こります。

そしたら、そこから挽回の可能性が生まれますよね。

もし、ちょっと引いたぐらいでは上手くいかなければ
一度徹底的に押してみるっていう手もあります。

もちろん、ストーカーのような行為をしたら逆効果ですが
押しの強い男がモテるというのは間違いありません。

女性は遺伝子レベルで“強いオス”を求めていますので、
押しの強さはその証明にもなります。

で、押すだけ押しといてサッと引くわけですね。

ここで動揺を誘うことが出来れば
再び主導権を握ることもできると思います。

が、もし押しても引いても全然ダメ…って場合は

潔くその子の事はあきらめて
別の出会いを紹介してもらうっていう方向に
切り替えるのも1つの手だと思いますね。

人生は有限です。

可能性の低い所に時間を割いて
気づけば年老いていた…
なんて事は避けたいですよね。

上手くいかないのであれば
どこかで踏ん切りをつけて
軌道修正をしていかなければいけません。

まぁ、とりあえずアドバイスできることは
こんなところですかね。

まだまだ恋愛に対する知識も経験値も少ない状態だと思いますので、
ブログの記事や僕が出しているレポートを繰り返し読んだりして、
お勉強だけはしっかりやっておいてください。

甲本

素人の美人と次々に出会う方法

ども 甲本です。

美人と出会うためにはどうすればいいでしょうか?

まぁ、一番手っ取り早いのはキャバクラに行く事ですかね。

お金はかかりますが、どの地域にも
そういったお店はあると思います。

ただ、キャバクラの女の子を落とすには
ある程度の経験値とコツが必要ですので、
ハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。

向こうは擬似恋愛のプロですので、
その辺を考慮した攻め方をしないと
いいお客さんとしてしか見られない可能性も高いです。

では、素人の美人と出会うためには
どうすればいいでしょうか?

僕の先輩に尋常じゃなくモテる方がいるんですが、
その人はいっつも美人を連れて歩いています。

合コンのような飲み会をセッティングして欲しいと頼めば
あっという間にセッティングしてくれるし、
しかも、来る女の子がみんな可愛いんですよね。

僕はそれがずっと不思議でした。

その先輩に魅力があるのはわかるんですが、
それにしてもどうやったらこんなにたくさんの美人と
出会えるんだろうと。

で、その辺の事情を聞いてみました。

種を聞けば非常に単純な事でした。

女性というのはある程度
同じレベルのルックスの友達と
よくつるむ傾向にあります。

美人の周りに美人は集まるんですね。

そこで、

まず美人な女友達を1人作るんです。

で、ここが重要なんですが、
その女友達には絶対に手を出さないでください。

少しモテるくらいの男だと
この辺がうまくできないんですが、

一度手を出したらもう他の友だちを紹介してもらうことは
非常に難しくなりますよね。

だから、あえて友達までで止めておく。

そして、その美人な女友達に

「合コンしようや!」

とか

「バーベキューしようや!」

とか

「みんなでワイワイ海行こうや!」

とかオファーを投げかけるわけです。

これで出会いの幅が一気に広がります。

そして、絶対とは言い切れませんが、
美人の友達は美人である確率が高いです。

しかも、あくまで仲の良い友達になるわけですから、
ハードルもそんなに高くありません。

美人というとそれだけで腰が引けてしまうという方も
中にはいらっしゃると思いますが、
そもそもこちら側にその女性を落とす気がないのであれば
緊張する必要もありませんよね。

もし、出会いに困っているのであれば
まずは1人の女友達を作る所から
始めてみましょう。

そこから輪が広がれば
あなたにとっての運命の女性と出会える確率も
高くなると思いますよ。

ではでは

今回は以上です。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

甲本

ステータスを手に入れろ!

ども 甲本です。

世の中には

ブサイクでもモテる!
お金がなくてもOK!
太ってても大丈夫!

ということを謳っている
恋愛マニュアルが数多くありますよね。

今回はそこんとこに
僕なりの意見を言わせてもらいたいと思います。

ブサイクとは漢字で書くと
不細工です。

これは容姿や見た目が醜い様子を指す言葉です。

つまり、

ブサイクでもモテる!

というのは言い換えれば

「容姿が醜くてもモテる!」

ということです。

まぁ、それが現実に可能なのであれば、
そのマニュアルは非常に価値の高いものだと思いますが、

少なくとも僕の周りには
本当に不細工なのにモテている奴は
1人もいません。

これまでにモテる男をたくさん見てきましたが、
やはりみんな外見には気を使っています。

清潔感のある格好をし、
ヘアースタイルや眉毛も整っています。

見た目という要素は
ある程度までは努力で何とか出来る部分なので、
「自分は不細工だから~」と言い訳している人は
ただ単に努力を怠っているだけだと思います。

ちょっと考えてみて欲しいんですが

容姿に気を使っている人と
不細工と

どっちと仲良くなりたいですか?

彼氏、彼女にするならどっちですか?

お金にしたってそうです。

経済力というのは無いよりあった方が
絶対に有利です。

あなたも知っての通り
お金には強いパワーがあります。

例えば、あなたの銀行の残高が1億円あったら、
財布の中に現金で100万円入っていたら、
何かそれだけでモテそうな気がしてきませんか?(笑)

だったら、ビジネスや投資を学んで
お金を得るべきです。

体型も同じです。

太っているよりは体が引き締まっている方が
モテる確率は格段に高くなります。

もちろん、世の中には太っている人がタイプという方も
いらっしゃいます。

でも、母数としてはそんなに多くないですよね。

だったら、体を鍛えて格闘家みたいなボディを
手に入れるべきです。

ルックス
経済力
体型

こういったものは一種のステータスです。

別にステータスだけに囚われた
生き方をして欲しいとは思いませんが、

ステータスは低いより高いほうが
恋愛でも有利だということは
言うまでもありません。

そして、ステータスは努力で手に入るんです。

だったらですよ、

不細工で、お金もなくて、デブでもモテる方法を
探し求めるのと

容姿を改善し、お金を稼ぎ、体を鍛えるのと
どっちが健全ですか?って話です。

僕は後者をオススメしたいです。

だって、不細工なままでいるのは嫌でしょ?
貧乏生活なんかしたくないでしょ?
腹筋とか割れてた方がかっこよく見えるでしょ?

どうせなら欲張って全部手に入れてみたいと
僕なんかは思ってしまうわけです。

1度きりの人生だし。

また、一流のアスリートなんかは
試合で勝つための確率を1%でも高めるために
常に努力しているし、あらゆる可能性を模索しています。

だから、ただがむしゃらに練習するだけでなく
練習環境にもこだわるし、
シューズやウェアにもこだわるし、
使っている言葉にまで気をつけています。

これはどこの世界でも同じだと思います。

圧倒的にモテるようになりたいのであれば、
男としての格を高めたいのであれば、
妥協せずにあらゆる努力を行なっていきましょう。

小さな一歩の積み重ねが
いずれ別世界の扉を開いてくれると思いますよ。

以上、雑記でした。

甲本

“モテ”ホルモン

ども 甲本です。

あなたは自分の体型に自信がありますか?

痩せていないと彼女ができない。

とまでは言いませんが、
引き締まった体付きのほうが
圧倒的に女性からの支持率が高まるのは事実
です。

その具体的な理由に関しても
今回の記事で言及していきます。

本気でモテたいと思っているのであれば、
肉体改造には出来る範囲で
真剣に取り組んで欲しいなと思います。

で、今回はあるホルモンのお話をします。

テストステロンというホルモンがあるんですが、
こいつは別名“モテ”ホルモンと呼ばれていまして(笑)

これが分泌されていればいるほど
女性から「あの人に抱かれたい」と思ってもらえるようです。

いやー、ここだけ聞くと
まさに夢のよなホルモンですね(笑)。

そもそもテストステロンというのは
男性ホルモンの一種なんですが、
これは要するに男らしさに関与しているホルモンなわけです。

そして、スポーツ選手や不良がモテるのも
このテストステロンによって説明が付きます。

スポーツ選手のようにバリバリ運動をしていたり、
不良のように好戦的な男たちというのは
テストステロンが多く分泌されているんですね。

だから、外見的に言えば不釣り合いな美女とも
付き合うことができてしまう。

おそらく彼らには大した恋愛テクニックは
無いであろうにも関わらずです。

つまり、テクニックを磨く前に
ホルモンの力を活用する方が重要
ってことです。

じゃあ、このテストステロンって奴は
どうやったら多く分泌されるようになるんだ?
ってのが気になるところですよね。

僕自身もまだまだこのホルモンに関しては
いろいろ調べている段階なんですが、
現時点でわかっていることとして

テストステロンを多く分泌するための
簡単な方法が2つあります。

1つは「自信」や「野心」を持つことです。

自信満々な男、野心的な男というのは
それだけでテストステロンの分泌が高まるようです。

まぁ、モテ本とかそういったマニュアルでは
よく書かれていることですよね。

自信を持てと。

すぐにはムリでも、せめて自信があるような
振る舞いだけはしろよと。

たぶん、こういったことはすでにどっかで
聞いたことがあると思います。

が、それはホルモンという科学的な観点から見ても
真実だったりするわけでね。

んで、もう1つ。

こっちの方がもっと簡単です。

“体を鍛えてください”

テストステロンというのは
男性ホルモンの一種だと説明しました。

そして、男性ホルモンというのは筋肉の成長に
大きく関与するホルモンなわけです。

なので、必然的に体を鍛えれば
テストステロンが多く分泌されるようになり、
あなたに対して女性が抱く
“性的な魅力が増す”ということです。

ちょっと余談になりますが、
僕は恋愛において人間が抱く魅力というのは
2つの方向性があると考えています。

1つが「本能的(性的)価値」
もう1つが「機能的価値」です。

まぁ、長くなってしまうので、
ここではあまり詳しくは説明しませんが、
簡単に言うと「機能的価値」というのは
お役立ち度のことですね。

人間は自分の生存を助けてくれる人物に対して
大きな好感を持つようにできています。

そして、「性的価値」というのは
乱暴に言ってしまえば
抱きたい度、抱かれたい度のことです。

で、モテたいのであれば、
この両方の方向性から自分の魅力を高めていく必要があります。

どちらか一方だけでは弱いです。

「機能的価値」だけだと単なるいい人で終わってしまうことが多いし、
「性的価値」だけだと女性の勝手な憶測で浮気人やチャラ男として
拒絶されてしまうことがありますので。

まぁ、モテないと悩む多くの人に足りないのは
「性的価値」の方なんですけどね。

というわけで、本気でモテたいと思っているのであれば

“まずは体を鍛えて下さい”

そうすると、テストステロンの効用で
あなたの「性的価値」が高まりますので、
あらゆる恋愛テクニック、恋愛戦略が
もっと有効に働くようになります。

逆に言えば、「性的価値」が低いままの状態だと

どんなに恋愛理論を学んでも、
どんなにテクニックを駆使しても、
どんなに合コンやパーティーに参加しても

ホントに何をやっても
うまくいかないという泥沼にはまってしまいます。

具体的な体の鍛え方や体の絞り方は
ボクサーという経験から学んできた
日本でもトップクラスのノウハウを
僕は持っていますので、

もし興味があればこちらの教材を
チェックしてみてください。

『Boxer Method』(ボクサー・メソッド)

たった3ヶ月で別人みたいに体が変わります。

もちろんリバウンドもしません。

恋人と固い絆で結ばれる方法

どうも 甲本です。

僕のブログやメルマガは
如何にして相手を落とすか
という部分にフォーカスした話が多いのですが、

今回はどうすれば恋人との関係を深め、
固い絆で結ばれるのか

相談に答える形で示したいと思います。

現在、恋人との喧嘩が絶えずに
困っているという場合は
参考にしてみてください。

——————- ここから相談内容↓ ——————-

> 初めまして。
> 中学生の女ですが相談させて下さい。
>
> ブログの方、とてもタメになり助かっております。
> そこでとても健全といえた話ではないですが、
> 良かったら見てやって下さい。
>
> 私は付き合って約半年ほどの彼がいます。
> 8歳差、相手は20代の男性です。
>
> その彼がとっても・・・なんというか難しい人で、
> プライドが高いんです。
> 「俺は頭が人よりもイイ」みたいな。
>
> 確かに学力的な意味でも、人間性的な意味でも、間違ってないんですが
> 自分の考えに背くととりあえずどんな立場の人にも
> その問題点を言ってしまう。そんな人なんです。
>
> 彼曰く、私も「プライドが高く、頭がいいことを自覚してる人」らしいです。
> 似たもの同士なのかもしれません。
>
> そこを踏まえて本題ですが
> (多分どちらもプライドが高いので)
> 小さなことでの喧嘩が多いのです。
>
> その喧嘩をできるだけなくしたい・・・
> というか彼とたくさん仲良く・・・とはいいませんが
> 長く一緒にいたいと思うのです。
>
> 私がいつも「ごめんなさい」という側なのですが
> 「お前のごめんは軽い。」と怒られてしまって。
> 嫌われたくないといったら汚いですが、そうなのです。
>
> どうしたらいいのでしょうか、
> なにを書いたらいいのかわからず曖昧かも致しませんが、
> なにかアドバイスを頂ければと思います。
>
> 因みにネットのあるサイトで知り合いました。
>
> 元々女癖の悪い(笑)といったらあれですが
> 女の子とよく絡む女々しい人だったのでどうにか改善中です。
>
> 一緒に会ってる時は基本バカップルと言われるようなカップルです。
>
> お力をお貸し下されば嬉しいです。
> お忙しい中ここまで有難う御座いました。

——————- ここまで↑ ——————-

なるほど。

すごく乱暴にまとめてしまえば
よく喧嘩をしてしまう彼ともっと仲良くなるための
アドバイスが欲しいってことですよね?

心理学的な検知からいうと
言い争いになった場合の人間の対処法としては

積極的か、消極的か
建設的か、破壊的か

という要素によって4つに分類することができます。

まず消極的かつ破壊的な場合は
相手を「無視」するような行動を取ります。

冷たく接したり、連絡を絶ったり、
話し合いにも応じない、などですね。

次に積極的かつ破壊的な場合は
「別れ」を選択します。

これが一番マズイ展開ですね。

そして、消極的かつ建設的な場合は
自分が折れることで
とにかく「問題が過ぎ去るのを待つ」
という選択をします。

今のあなたのようなパターンですね。

最後に、積極的かつ建設的な場合。

“徹底的に話し合います”

お互いの状況にもよると思いますが、
可能であれば僕はこれがベストな対処法だと思います。

喧嘩の原因やそれを回避するための
今後のお互いの振る舞いについて
納得のいくまで話しあう。

これは非常にエネルギーのいることです。

ふつうは避けたいと思う人の方が多いでしょう。

でも、だからこそここを乗り越えれば
二人は固い絆で結ばれるんです。

実は僕自身もすぐに自分から折れるタイプでした。

「喧嘩では先に謝ったが勝ち」

そう信じていたからです。

そして、それは少なからず真実だと
今でも思っています。

しかし、ある時

喧嘩した後にお互いの意見を
徹底的にぶつけ合ってみたことがあったんです。

自分は何に怒っているのか、
どこに納得がいっていないのか、
腹の中を全部吐き出しました。

すると、どうなったか?

意外にもお互いの認識には
かなりのズレがあることがわかりました。

「え? そこにキレてたの!?
 おれが思ってたのと違う」

ということが結構あったんです。

そして、その後も喧嘩の都度
話し合いをするということを続けました。

おかげで相手をより深く知ることができ、
喧嘩は激減しました。

「喧嘩するほど仲がいい」

なんてことをよく言いますが、

喧嘩なんてものは所詮エゴとエゴのぶつけ合いなんだから
こんな言葉は正直詭弁以外の何ものでもない
とそれまでは思っていました。

でも、もし喧嘩の度にきちんと話し合いをするのであれば
この言葉は疑いようのない真理だと思います。

まずは自分は何が不満なのか、
相手にどうして欲しいのか、
それを恐れずに言うことです。

そして、同時に相手が何に不満を持っているのか、
自分に何を望んでいるのかを聞くことです。

これを繰り返せば絶対喧嘩は減るし、
より固く結ばれるはずです。

もしまた喧嘩するようなことがあれば
一旦冷静になったところで「話し合おう」と
提案してみてください。

彼がそれを拒否するようであれば
「逃げるの?」と言えばいいと思います。

プライドの高い彼には逃げるという選択はできないと思いますので。

それでは、

お二人の幸せを願っています。

がんばってください!

甲本

自分の魅力を格段に引き上げるギャップの作り方とは?

ども 甲本です。

いい意味でのギャップを持っていれば
それだけで恋愛を非常に有利に進めることができます。

例えば、僕なんかは見た目が
かなり怖いと言われます。

「酒豪で、ヘビースモーカーで、ギャンブルもバリバリやってそう」

とか

「昔、相当悪かったでしょ?」

とか

「絶対何人か殺してそう・・・」

というようなことを言われるんですね。

これは全くもって心外です。

実際、僕はお酒もたしなむ程度しか飲みませんし、
タバコも吸った事無いですし、
ギャンブルもほとんどやりません。

暴走族をしていた経験も
ヤクザをしていた経験も
全くありません。

殺したい人間は何人かいますが、
まだ殺してもいません(笑)。

しかしながら、実際の僕がどうであれ
見た目だけで他人から判断された場合は
やはりイカツイ奴だと思われてしまうんですね。

だから、パッと見の第一印象で
相手を警戒させたり、おじけづかせたり、と
いろいろ損をしていると思います。

しかし、それがわかっているからこそ
僕は「笑顔」「優しさ」
「気づかい」という武器を磨きました。

するとどうなるか?

ちょこっと笑ったりジョーダンを言うだけで
親しみやすい人だと思われます(笑)。

体調を気づかったりなどの
優しさを少し見せるだけで
女性からはかなり魅力的に見えるようです。

つまり、狙ってギャップを作ってしまえば
めちゃくちゃおいしい思いができてしまうということです。

じゃあ、ギャップってどうやって作ればいいのか?
って話ですが、

実は至ってシンプルな方法で作り出すことができます。

まずは、周りの人に自分と初めて会った時の
第一印象を聞いてみてください。

人に聞くっていうのが大事ですね。

あなたが思うあなた自身と他人が思うあなた自身は
必ずしも同じとは限りませんから。

あなたは自分の事をイケメンだと思っていたとしても
周りはあなたの事を虚弱な人というイメージで
認識している可能性もありますので。

で、いろんな人に聞いてみて
自分の第一印象がどんなもんなのか大体つかむことができたら
それと真逆のベクトルの“強み”を磨いて下さい。

僕の場合は第一印象が「怖い」「イカツイ」なので、
真逆のベクトルの強みといったら
「笑顔」とか「優しさ」になります。

つまり、“男らしさ”とか“頼りがい”とかでは
ギャップにはならないってことです。

それはむしろあって当たり前なんです。

逆に僕みたいな怖そうでイカツイ男が
ナヨナヨしてて、頼りがいもなかったら
女性にはマイナスのギャップを与えてしまい
幻滅されることになってしまうわけですね。

では、もし第一印象で「小動物みたい」とか「細い」とか
「いい人そう」「優しそう」というような評価だったとしたら
どうすればいいでしょうか?

その場合は“男らしさ”や“頼りがい”といった方向の武器を
磨いていくと良いと思います。

小動物みたいでただ可愛いだけの男かと思っていたら
夢に向かってひたむきに努力し、情熱を持って生きていた
となるとギャップの力が働きますよね。

また、もし第一印象が「ズボラそう」とか
「適当そう」という評価であれば

“細やかな気づかい”や
“時間管理をキチッとやる仕事のできる男”といった
武器を身に付けるといいですよね。

ギャップを身に付けるというのは
要はこういうことです。

そして、ギャップをうまく演出できるようになると
あなたの魅力は格段に高く評価されるようになります。

ぜひ今回の記事で書いた2ステップ

1.自分の第一印象を他人に聞いてみる

2.それとは真逆のベクトルの強みを磨く

というのをやってみてください。

きちんとやることができれば
根本的な魅力の部分で一皮剥けると思いますよ。

ではでは

今回はこの辺で。

ありがとうございました!

甲本

来年こそは必ずやってやる!

ども 甲本です。

毎年この時期になると周りから
聞こえてくるのが

「来年こそは必ずやってやる!」

「来年は絶対彼女作る!」

「来年は必ずもっと出世する!」

というような声です。

これを聞くと僕は頭の中にクエスチョンマークが

???????

という感じでたくさん浮かんでくるんですが。

「まだ今年はあと半月あるじゃん!」

と思うわけです。

いやここで話したいのは
よくあるコップの例えのように

コップに水が半分入っているのを見て、

「あと半分しか入ってない」と思うのか
「あと半分も入っている」と思うのか

みたいなポジティブ思考かネガティブ思考か
の話がしたいのではなく

客観的な事実として
今年はまだ終わってないということです。

にも関わらず来年の目標に思いを馳せている。

いや、そういう事を思いながらでも
今をしっかりがんばっているのであれば
何も言うことはないんですが、
多くの人はそうじゃないように感じるんですよね。

おそらく

「来年こそは必ずやってやる!」

なんて言いながら“今”を疎かにしている人は
来年の今頃もきっと同じようなことを言ってますよ(笑)。

人間には二種類います。

ゴールが目前に迫った時に
「やったー、もうすぐゴールだー」
と言って気を緩めるタイプ

「よっしゃ!ゴールまでダッシュだ!」
ラストスパートをかけるタイプです。

どっちが成功により近いかは
言うまでもないことだと思います。

時間は有限です。

永遠に生きることはできないし、
いつまでも若いままではいられません。

歳を取れば当然できなくなることも
たくさん出てきます。

だからこそ、

今をもっと大切に、真剣に、生きましょう!

何となくそんなことを思った
師走の事でした。

さぁて、僕もラストスパートを
アクセル全開でがんばりやす!

おれは可愛いからって媚び売らないぜ

ども 甲本です。

最近もらった恋愛相談のメールの中で
このブログでも共有する価値のあるものがありましたので、
シェアしたいと思います。

以下はその相談メールの一文です。

> 現在28才で彼女いない暦もうじき二年です。
> 本気で好きな人と最後に付き合ったのは五年も前になります。(^^;
>
> 今回は、女性を恋人として見れずに
> 本気でぶつかっていけない自分を変えるために勉強したいとおもって
> 20回のメールに登録しました。
>
> 僕は、今まではなんとなく近くにいる女性のなかから、
> 付き合ってくれそうな人にしかアプローチしていませんでした。
>
> それから本当に好きになるのは
> 向こうのテンション次第って感じで・・・。
>
> キレイな人がいてもなんとなく自分では力不足な感じがして、
> あとは妙なプライドが邪魔して、
> 自分から近づいて行くなんて考えられません。
>
> あ、プライドってのは
> 「おれは可愛いからって媚売らないぜ」的なやつです。(笑)
>
> でも、一番には、キレイな人にアプローチして
> 冷たくされるのが恐いです。
>
> あー、よくよく分析するとブルーになってきました(笑)
> でもこれから最高の彼女を見つけるまで
> 前向きに勉強してみようと思っています。

この文章の中で僕が特に気になったのは

「おれは可愛いからって媚び売らないぜ」

って部分です。

こういったプライドは僕にもあるので
すごく共感できます(笑)。

「媚び」を売るのは男として
やってはいけないことですよね。

(と僕は思います)

ただ、“価値”は提供すべきだと思います。

ここを勘違いしていて僕も昔は苦しんだんですが、
「媚び」を売る男は軽く扱われる運命にある一方で、
“価値”を与える男は尊重されます。

ここがホント難しいところなんですが、
「○○ちゃん、おはよう!(ニコッ)」
っていうあいさつも

下心丸出して、何とかして気に入ってもらいたい
という気持ちでやれば媚びを売っているように見えてしまいます。

しかし、あくまで爽やかに堂々とした態度で
同じ事をやれば「あいさつ」を通じて
相手を気持ちよくすることができます。

そして、それは相手に価値を与えることになりますよね。

逆に「媚び」を売るのは絶対に嫌だ!
って気持ちばかりが先行してあいさつすらしない
無愛想な男は価値のない男として判断されてしまいます。

ここはちょっとした違いですが
あなたも気をつけておいてくださいね。

「媚び」は売っちゃいけません。

しかし、だからと言って無愛想になる必要もないし、
コミュニケーションを避ける必要もありません。

“価値”はどんどん積極的に与えていきましょう。

とうわけで、これを読んでいるあなたに
1つミッションを提示します。

これから1週間の間、毎日1人以上に
どんなに小さくてもいいので意識的に
“価値”を提供し続けてみてください。

元気よく「あいさつ」をするでもいいし、
仕事を手伝ってあげるでもいいし、
ちょっとした親切をするでもいいです。

やってみるとわかるんですが、
相手のこちらに対する接し方が大きく変わります。

そして、何よりも自分自身の心が
すごく穏やかな状態に保たれます。

まずは1週間。

思いつく限りの“価値”を提供し続けてみてください。

そうすればあなたの周りに自然と人が集まってくるようになり、
良い出会いにも恵まれるはずです。

ではでは

今回はこれで。

また更新しますね。

ありがとうございました!

甲本

<PR>
圧倒的に価値ある男になり、
人生を1つ上のステージに押し上げるための教材を
ご紹介しておきます。

『あなたという物語』
〜たった1度きりの人生をヒーローとして生きるために〜

この教材で学んだことを実践してくれれば、
もう誰もあなたを軽んじることはできません。
あなたの存在を無視できなくなります。