恋愛相談

おれは可愛いからって媚び売らないぜ

投稿日:2011年11月22日 更新日:

ども 甲本です。

最近もらった恋愛相談のメールの中で
このブログでも共有する価値のあるものがありましたので、
シェアしたいと思います。

以下はその相談メールの一文です。


> 現在28才で彼女いない暦もうじき二年です。
> 本気で好きな人と最後に付き合ったのは五年も前になります。(^^;
>
> 今回は、女性を恋人として見れずに
> 本気でぶつかっていけない自分を変えるために勉強したいとおもって
> 20回のメールに登録しました。
>
> 僕は、今まではなんとなく近くにいる女性のなかから、
> 付き合ってくれそうな人にしかアプローチしていませんでした。
>
> それから本当に好きになるのは
> 向こうのテンション次第って感じで・・・。
>
> キレイな人がいてもなんとなく自分では力不足な感じがして、
> あとは妙なプライドが邪魔して、
> 自分から近づいて行くなんて考えられません。
>
> あ、プライドってのは
> 「おれは可愛いからって媚売らないぜ」的なやつです。(笑)
>
> でも、一番には、キレイな人にアプローチして
> 冷たくされるのが恐いです。
>
> あー、よくよく分析するとブルーになってきました(笑)
> でもこれから最高の彼女を見つけるまで
> 前向きに勉強してみようと思っています。

この文章の中で僕が特に気になったのは

「おれは可愛いからって媚び売らないぜ」

って部分です。

こういったプライドは僕にもあるので
すごく共感できます(笑)。

「媚び」を売るのは男として
やってはいけないことですよね。

(と僕は思います)

ただ、“価値”は提供すべきだと思います。

ここを勘違いしていて僕も昔は苦しんだんですが、
「媚び」を売る男は軽く扱われる運命にある一方で、
“価値”を与える男は尊重されます。

ここがホント難しいところなんですが、
「○○ちゃん、おはよう!(ニコッ)」
っていうあいさつも

下心丸出して、何とかして気に入ってもらいたい
という気持ちでやれば媚びを売っているように見えてしまいます。

しかし、あくまで爽やかに堂々とした態度で
同じ事をやれば「あいさつ」を通じて
相手を気持ちよくすることができます。

そして、それは相手に価値を与えることになりますよね。

逆に「媚び」を売るのは絶対に嫌だ!
って気持ちばかりが先行してあいさつすらしない
無愛想な男は価値のない男として判断されてしまいます。

ここはちょっとした違いですが
あなたも気をつけておいてくださいね。


「媚び」は売っちゃいけません。

しかし、だからと言って無愛想になる必要もないし、
コミュニケーションを避ける必要もありません。

“価値”はどんどん積極的に与えていきましょう。


とうわけで、これを読んでいるあなたに
1つミッションを提示します。

これから1週間の間、毎日1人以上に
どんなに小さくてもいいので意識的に
“価値”を提供し続けてみてください。


元気よく「あいさつ」をするでもいいし、
仕事を手伝ってあげるでもいいし、
ちょっとした親切をするでもいいです。


やってみるとわかるんですが、
相手のこちらに対する接し方が大きく変わります。

そして、何よりも自分自身の心が
すごく穏やかな状態に保たれます。


まずは1週間。

思いつく限りの“価値”を提供し続けてみてください。

そうすればあなたの周りに自然と人が集まってくるようになり、
良い出会いにも恵まれるはずです。


ではでは

今回はこれで。

また更新しますね。

ありがとうございました!


甲本



<PR>
圧倒的に価値ある男になり、
人生を1つ上のステージに押し上げるための教材を
ご紹介しておきます。


『あなたという物語』
〜たった1度きりの人生をヒーローとして生きるために〜



この教材で学んだことを実践してくれれば、
もう誰もあなたを軽んじることはできません。
あなたの存在を無視できなくなります。


-恋愛相談

Copyright© 【恋愛道】モテる男の条件を徹底解明するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.