Vol.3 自分に合った成功法とは

MP3(音声)ファイルのダウンロードはこちら
PDF(書き起こし)のダウンロードはこちら

第三話を観てからお答えください。

※ビデオを見てアンケートにお答えいただいた方には
とても特別なご案内と素敵なプレゼントを用意しようと思っています。
ぜひアンケートにお答えください。
真剣に答えていないものはプレゼント対象外となります。

 

質問1:第三話を観て特に印象に残った事を教えてください。

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。

 

アンケート提出フォーム

お名前 姓:
メールアドレス
質問1:第三話を観て特に印象に残った事を教えてください。
質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。


Comments

T.K.さん

質問1:第三話を観て感じた事・思った事を教えてください。

まずは女性は男性を在り方で判断しているということです。
「男は女をリードした方がモテる」みたいなことをどこかで聞きかじってそれを忠実にやったとしても
女性は「ガツガツするのに一生懸命な男」としか見ていないというのは僕の経験上ありました。
「こうすればモテる」なんてものは無くて「この人がこうするからその人の魅力が見えてモテる」というのが今回の動画で自分の中で言葉にできて分かりました。
振り返ってみても男性女性を問わず本当に好きになった人は、その人の在り方が分かるような一面を垣間見た人だけだったように思います。
自分でも「こうする人が好き」というよりも「この人はこうする」というのがわかった時の方が相手に関心を抱きます。
次に気になったのは「自分の特性を人のために使った時に最も上手くいく」ということです。
これは完全に盲点でした。
自分の特性を自分のために使えば周りからは自己中心的なやつに見え、人のために使うのであれば思いやりのある人に見えるというのがなんとなく分かりました。
自分の特性をどのように使えば良いのかというのは動画を見ながらずっと考えていましたが、今回の動画で使い方がはっきりわかったように思います。

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。

甲本さん田中さんの特性をもっとよく知りたいです。
お二人はどのような時にどういうことをしているのか。
例えば恋愛だったり、仕事だったり、プライベートだったり人と接する時に出している自分の特性をさらに詳しく知りたいです。

H.Y.さん

質問1:第三話を観て感じた事・思った事を教えてください。

「入り」と「去り際」の話がすごく興味深かったです。
ちょうど今「入り」の第一印象を高める事に取り組んでいて、整体の
先生から教わった姿勢の取り方を伝授(笑)してもらい、立ち姿勢
が3ヶ月程前まで猫背で、座った時もだらしなく背中が丸かったのですが、それらを改善する事はできていたんですね。

ただ、見た目に関する事で、もう一つ悩んでいた事が自分がO脚であるという
ことでした。それをこの間の甲本さんのメルマガで紹介された習慣の音声
の内容を実践して、結果的に8個もの歯車を組み合わせる必要があって少し大変
だったんですが、(脚に痛みがあったり翌日の体調が悪かったりして)
O脚を改善したといえる判定の基準を、どうにかクリアーしまして
それからは人からの扱われ方が丁寧になったように感じて、やっぱり
見た目の「入り」の部分を整える効果というものは、凄いものがあるなと
思いました。

後は「去り際」の部分ですが職場の仲間に朝は挨拶するんだけど、その仲間
が夕方、帰る時は知らん顔していた事が多かったので、無理のない範囲で
周りの人に挨拶をして帰るようにしたりしました。

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。

日々の体調管理や体調がどうしたら絶好調になるのか?
好調な日を意図して多くするには?
最近、朝食後に胃が持たれて気持ち悪くなり午前中に仕事の能率が下がる
という日が多いので知りたいです。

ネットビジネスなどメンタル、モチベーションに関係なく
どうしたら継続できるか?
転売の輸入ビジネスをしているんですが、落ち込んだり私生活での
悩みを引きずってしまい、日々の作業のための行動ができない日があったりして、結果的にコンサル期限中に成果を上げるという事ができなかったので、この辺りを何とかしたいと思っています。

T.K.さん

質問1:第三話を観て感じた事・思った事を教えてください。

自分のタイプを過去に戻って理解すること。
肉親にそっくりでしたので、恥ずかしい感じでした。

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。

タイプの違うものをしているときの違和感みたいなもの。また、自分のタイプからずれているときに戻せるための感覚などです。

Y.T.さん

質問1:第三話を観て感じた事・思った事を教えてください。

損得感情がぬきだったときの子供のころの
特性にのっとったコミュニケーションが
大切。

帝王学といった口伝が、
成果に大きな差を生み出すと
いったこと

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。

口伝となっている
人間関係の構築
その先にある、仕事の成功
仕事の成功失敗を分ける
場である人間関係を
環境整備する方法
帝王学を教えて欲しいです。

H.S.さん

質問1:第三話を観て感じた事・思った事を教えてください。

入りと去り際、特に去り際が大事という話が一番印象に残っています。

人と接して 去る時は挨拶をしっかりしようという思いは今までありましたが、やはり、大切なんだと、改めておもいましたし、
その人との関係を作ろうと 意図しようとしまいとも、 おろそかにしてしまっている部分はないか?と振り返るきっかけにもなりました。

そして、それも やはりそれぞれのタイプによってしっくりくるものがあるなというのを、感じました。
田中さんの豪快な挨拶を思い浮かべて(笑)

ジャイアンの例え話もすごくしっくりきて、自分自身の欲の為ではなくて 誰かの為に、何かの為に。。。と意識したとたんに、力が効果的に発揮されるのは非常に共感しました。
物語を思い浮かべて納得。
過去を振り返れば そういった思いがあったときには ビックリするくらいの力やアイデアが湧いて来て結果的に成功したのを思い出しました。
そういうときは不思議と色んな人達の協力を得たり、うまいこと スムーズに事が進んでいたように思えます。

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。

お二方は自分のタイプを知っているとおもいますが、恋愛、ビジネス、色んな場面において、具体的にどのように出力しているのか,
自分のタイプに合っている出力の仕方は 自分のタイプを知ったうえで、感覚でしか自分の最適なものは わからないとおもうのですが、
おおまかな方向性というか、こういうタイプはこうしたほうがうまくいきますよといったものがあれば知りたいです。

D.Y.さん

質問1:第三話を観て感じた事・思った事を教えてください。

タイプを知らないといけない。
入りと去りの印象が大事。

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。

タイプの見極め方をもっと詳しく。
タイプを乗り換えると言うのは可能なのか、どうやって行うのか。

T.I.さん

質問1:第三話を観て感じた事・思った事を教えてください。

自分のタイプを知る方法で、幼少期・小学生時代の損得勘定抜きでコミュニケーションをとっていた姿が自分のタイプ!という田中さんのお話に、目を覚まされた感じを受けました!
改めて振り返ると、小学生時代の私は、お笑い芸人ほどではないですが、人を笑わせることに快感を持っていたよぅに思い出しました。芸能人でいうと、ユースケサンタマリアさん・大泉洋さん・ふかわりょうさんみたいなタイプだったように思い出します。
それに引き換え、今の私は、挫折や裏切りなどを経験し、殻をかぶったような性格になってしまい、自分でもつまらない男になってしまったかなぁと感じる時があります・・。
簡単には幼少時代のタイプに戻れないですが、今自分が苦戦している婚活の要因が見えたように思えました。
それと、
私は、飲み会とかではサラダを取り分ける男です!男たるもの、料理の取り分けは止めた方が良いですかね(笑)。

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。

初対面の相手との会話で、素の自分を出すにはどうしたら良いか?について伺いたいです。つい、かっこよく見せたい気持ちや恥をかきたくないという気持ちにかきたてられてしまい、猫をかぶったような会話になりがちになってしまいます。
宜しくお願い致します。

A.H.さん

質問1:第三話を観て感じた事・思った事を教えてください。

最初と終わりが印象としては大事である点と、自分のタイプを知るというところです。特に幼い頃に、自分がとってきたポジショニングが自分に合った生き方になるというところです。

ただ小学生の頃の自分を振り返っても、なかなかどんな人間だったかはっきり思い出せないです(苦笑)。あの時は、ただ好きなことをやって、相性の良い友達と付き合って、嫌いな人、苦手な人がいても、自分とは関係なく、過ごしてこれました。裏表なく生きてきた気がします。

どんな感覚でいれば良いのか最適な感覚が掴めていませんが、今回の対談を聞いて「自分に最適なポジショニングで生きる」ことについてこれまで考えたこともなかったので、とても良い学びでした。

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。

田中さんは自分のタイプが豪快系と仰ってましたが、甲本さんはご自身のことをどんなタイプだと感じられてますか。

振り返ると私自身のタイプは「自分は慎重派で、しかしながら率先してまずチャレンジするタイプ」だと思っています。小学生の頃を思いだすとありましたが、小学生の頃(はっきり思い出せないのが本音です)よりも、今の自分の方が前向きに物事をとらえて、ストレスなく過ごせていると感じてます。その場合は、今の自分の性格が、自分のタイプだと考えても良いのでしょうか。

Y.S.さん

質問1:第三話を観て感じた事・思った事を教えてください。

打算やエゴがなく楽なポジションが自分のタイプ。

そしてその特性、言わば「我」を
自分以外の誰かや何かの為に使うとバチンとくる。

ここでも調和なのか!と思いました。
無理をせず、調和し循環することが大事。

無理せず、楽しみながら目標達成に寄与する行動をとる。

いろんなところで学んだ知識が繋がっていく感じがありました。

自分の特性をバッチリ把握できるように、
小学生のころ人間関係でどんなポジションを取っていたか思い出し、
家族にどんな子供だったか聞いてみようと思います。

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。

他人や自分のタイプをより深く分析する方法が知りたいです。

こんな子供だったな~というのは浮かびますが、
そのタイプでは自分のやりたいことと上手く結び付くイメージが湧きません^^;

A.I.さん

質問1:第三話を観て感じた事・思った事を教えてください。

人は最初と最後の印象に引きずられる。(入りと去り際)

入りで93%ジャッジされている
去り際の美学

自分の欲のためだけにするとうまくいかない。

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。

人生をレンタカーで例えたところをもう少し詳しく知りたいです。
どのようにして、タイプ(車種)を替えていくのか、自分のタイプを変化させていけるのか。ちょっと、混乱しています。

H.U.さん

質問1:第三話を観て感じた事・思った事を教えてください。

最初と最後の印象について、僕はほとんどの場合第一印象では興味を持ってもらえてると思います。

しかし、去り際に関しては毎回どうしたら良いかと思って、なんとなくで終わっていました。

特に女性関係の場合、会う回数が増えるほどに、最初は関係が良くなっても次第に関係が悪くなります。

これに関しては、僕の場合「雑談」が出来ていないの
で、最初と最後だけでなく、中間の問題も多いにあると思います。

ただ、去り際の問題もかなり関与しているのだろうと思いました。

実はこの音声を聴いている段階で、もう一歩で上手く行きそうだった女性関係が後退し始めています(苦笑)。

残りの話の部分は質問も含みますので、質問2に記載します。

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。
質問1.昔と変わっていないと感じ、今上手くいかない場合はどう活かせばいいのでしょうか?

自分のタイプについて、僕は小さい頃から少数の人間関係で、仲の良い人1人か2人といつも居る感じでした。
子供の頃から女の子とは話せていないのと、あまり多くの人と関わる事が出来なかったので、今とほぼ変わらず、正直どう活かすか全くわかりません。

質問2.他人に興味を持つ方法がわからず、人脈を作れないのがネックです。

「誰かのため」「何かのため」にタイプを活かして行動するという事について。

以前ある人に僕が雑談が下手な理由として、「自分にしか興味がないからじゃない?」と言われましたが、それはドンピシャで正解でした。

僕自身、人脈構築が大切なのは理屈ではわかっているのですが、他人に興味を持つ方法がわかりません。

今は友達というモノに興味が無く、遊ぶ人も連絡をとる人も居ませんが、欲しいという感情が沸いてこないのです。

女性に関しても、恋愛や結婚という事への関心は薄れ、可愛い子を連れて歩くというステータスへの憧れしかありません。

ただし、僕も誰にも関心がない訳ではなく、芯から繋がっていると感じる人間関係もあります。

師弟関係で、甲本さんともう一人お世話になってる方だけです(甲本さんはご存知の山郷さんです)

僕はこのお二方の期待に応えたいという思いは強いので、根っから自分にしか興味がない訳ではないのでしょうが、人脈構築のために繋がった他の人たちとの関係は全て破綻しているので、どういう生き方が合うのかわからないというのが現状です。

以上になります。

まずは一番簡単に出来る、入りと去り際の意識を変えてみます。

K.U.さん

質問1:第三話を観て感じた事・思った事を教えてください。

私は以前に情報教材を購入し、学んだテクニックを使い女性にアプローチしましたが、全く効果がありませんでした。
教材で学ぶのはやり方よりもポイントを把握することでそれは自分の性格に合わせてマネジメントすることだと思いました。

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。

1 甲本さんと田中さんが男としての美学、哲学についてどのように考えているのか
 を具体的に知りたいです
2 どのような自己分析が役に立つのか
3 どのようなマインドが重要なのかもっと詳しく知りたいです

T.T.さん

質問1:第三話を観て感じた事・思った事を教えてください。

去り際についてが印象に残ってます。
思い出してみると、場とか相手に関係なく去り際は感謝しているなと思ったんですが、
酔ってる時なんかは、相手に迷惑をかけてる時もあるなーとか、
なかなか帰らなくてしつこい時もあったなーとか。

見直すいい機会でした。

あとはきちんと相手に感謝することはいいとして、
その出力の仕方は自分だったら何がいいんだろう?
っていうのはちょっとまだわからないんで、
人のを見て、これいいなっていうのがあれば取り入れていってみたいです。

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。

動画ありがとうございました。

聞きたいことはたくさんありますが、3つ目の動画でいうと、
タイプについてもっと詳しく知りたいです。

打算的になる前のことを思い出してみましたが、引っ込み思案で友達がほぼいないような感じだったので、人間関係やポジションに関する記憶がありません。
そういう場合は一人が合ってるタイプということもあるんでしょうか?

K.U.さん

質問1:第三話を観て感じた事・思った事を教えてください。
入りと去り際の重要性を感じました。 入りと去り際も自分のタイプに合わせていくこと、さらに自分以外のために使うからこそ、うまくいく。という話が印象に残りました。

質問2:甲本と田中にもっと聞きたいことを教えて下さい。

自分のタイプを知るときに、小学生低学年を思い出してほしいとありました。 私の低学年のときは、人見知りで大人しい人だったのですが、こういうタイプは、ゆっくり人間関係を近づけていくということで、いいのでしょうか?