気持ちを表すための効果的なテクニック

感謝と謝罪を忘れないという
当たり前のことの重要性について
ここまでお話してきました。

では
感謝してもしきれないとか
謝っても全然許してくれない時は
どうすればいいでしょうか?

そうですね。

一番簡単で効果のある方法は
気持ちを形にするということ
ではないでしょうか。

要するにプレゼントですね。

人間はやっぱり現金な生き物で
何かプレゼントされればうれしいんですよ。
あなただってそうでしょ?

花より団子です。

で、ここで問題になってくるのが
プレゼントの金額です。

高ければいいかというと
そうではありませんよね。

女性にしたっていきなり
ダイヤの指輪なんか贈られても
気が引けてもらえないですからね。

まぁそれを平気でもらっちゃう
女性もいるのかもしれませんが(笑)

ふつうは

「こんな高価なもの困ります」

とかって言って
拒否するわけです。

ではどうやってプレゼントの金額を
決めればいいのか?

簡単です。

相手がしてくれたことや
自分が犯してしまった過ちに
見合うものを贈ればいいんです。

例えば

欠席した授業のとり損ねた分の
ノートを見せてもらったとします。

これなら100円のジュースとかでいいんですよ。

そのくらいならわざわざジュースを
買ってきたということだけでも
十分感謝の気持ちは伝わりますから。

しかし、これが例えば
浮気がバレた場合とかだと話が違います。

100円のジュース1本で
許してくれなんて言おうものなら
火に油を注ぐ結果になるのは
目に見えていますよね(苦笑)。

もしこのとき浮気したのはほんの出来心で
彼女との関係を切りたくないのであれば

欲しがっていたブランドのバッグとか
を持っていかなければ
難しいでしょうね。

プレゼントの金額の決め方は
こんな感じです。

プレゼントというのは
本当に便利で

感謝の言葉にプラスして
プレゼントを渡すことにより
それが「好意」になります。

また
謝罪の言葉にプレゼントをプラスすれば
それは「誠意」になるんですね。

こうやって効果的に
プレゼントを使っていけば

あなたの気持ちを相手に伝えるのが
グッと楽になりますよ。

ぜひやって活用してくださいね。

★<大原則 ”感謝と謝罪を忘れない”のまとめ>

・ 感謝と謝罪は人間関係の基本中の基本

・ 感謝の数だけ自分も相手も幸せになれる

・ 自分に非がある部分はさっさと謝る

・ ケンカは先に謝ったほうが勝ち

・ 感謝や謝罪の気持ちを表すための一番効果的な方法はプレゼント

・ 相手の行為や自分の過ちの度合いで金額を決める

・ 感謝の言葉 + プレゼント = 好意

・ 謝罪の言葉 + プレゼント = 誠意
ここまでお疲れ様でした!

今回でようやくモテるための
5つの大原則について
解説し終わりました。

大原則は土台の部分なので確実にマスターしておいてくださいね。

女に謝る男はモテない?モテる?謝罪の意義を考察

どうも 甲本です。

今回は恋愛における謝罪というものの意義について
考察していきたいと思います。

今、謝罪すべきかどうか悩んでいる。

そんなあなたは参考にしてみてください。

女に謝れない男ってどうなのよ?

「ありがとう」は言えても
「ごめん」とか「すいません」になると
なかなか素直に言えないって人がいますよね。

なぜ謝れないのか?

はっきり言ってしまえば

弱い人間だから

です。

素直に謝ることができないということは
自分の非を認められるだけの精神的な強さがない
ということですからね。

自分が悪いにもかかわらず
それを認めることが出来ない男というのは
女性から見ても男らしくないし
魅力を感じられません。

まずはこれを覚えておきましょう。

謝るなら速攻で!

もし、自分に非があるのであれば
つまらないプライドは捨てて
さっさと謝罪してしまいましょう。

なぜなら、一度謝るのを忘れると
どんどん謝りにくくなってしまうからです。

仮にマイナス10の事をしてしまっても、
すぐに謝れば0に戻せるかもしれません。

もしくは、0までは戻せなくても
マイナス2とかマイナス3とかまでは
戻せるかもしれませんよね。

もちろん、恋愛とは基本的には総合点で勝負するものなので、
「マイナスな事をしてしまったにも関わらず謝らない」という選択をしても、
それ以上に相手にとってプラスな事をしてあげていれば
好感度はプラスで保たれる場合もあります。

しかし、人によっては他にどんなにいい所があったとしても
「ここの部分がダメならもうこの人はダメ」
と判断するタイプの方もいるんですよね。

そういったことを加味して考えると

謝るべき時は即効で!

という結論に至ります。

なので、悪いことをしたと思ったら
すぐに謝ることができれば
女性からは男らしいと思われます。

相手だって早く仲直りしたいと思っているかも

もし彼女や意中の人とケンカしてしまったときには
本当に自分は正しいのか?

と考えてみてください。

そして少しでも非があるのなら
あなたのほうからさっさと謝ってしまいましょう。

ケンカなんてのは気まずいこと
この上ないですからね。

彼女だって心のどこかでは
早く仲直りしたいと思っているかもしれません。

でも感情がそれを邪魔してしまう。

そこであなたのほうから謝り、
和解を申し入れれば
彼女はある種の感動を覚えるかもしれませんよね。

「悪いのは自分も同じなのに」

とか

「心の広い人でよかった」

とか思いながら。

だから実は
ケンカってのは先に謝ったほうが
勝ち
なんです。

そういう意味で。

謝るべき時とそうでない時

先に謝れ、速攻謝れ、とは言いましたが、
もちろん何でもかんでも謝れ
と言ってるわけじゃないですよ。

そこはわかりますよね(笑)

いつもペコペコするのはダメです。

客観的に見て完全に向こうが悪い時は
謝るべきではありません。

そんなことすると
相手はつけ上がるかもしれないし、
弱い男だと認識される可能性もありますからね。

あくまでも謝罪を忘れてはいけないのは
自分が悪い部分です。

例えば

彼女が遅刻してきたので
怒鳴ってしまった。

それが原因でケンカになったとします。

このとき謝るのは当然

「怒鳴ってごめん」

という言葉であって

「こんな早い時間にした俺が悪かった」

などと自分に非がないところを謝るのは
絶対にダメだということです。

(そんな人はさすがにいないかな 苦笑
 たとえが悪くてすいません)

女性が求めているのは
自分を守ってくれる誇り高き侍であって
いっつも腰の低い召使いではありません。

そこんとこは勘違いの無いように。

よくある最悪の謝罪パターン

繰り返しますが女性が求めているのは

強い雄

です。

謝罪をすることによって

「あー、この人は精神的に強い人なんだな」

とか

「器の広い人なんだな」

と思われる場合は迷うことなく謝罪すべきです。

が、

よくあるパターンとして
好きな子からメールやLINEなどの返事がこなくて

「ごめんなさい! 何かおれ怒らせるような事言ったっけ?」

というような内容のものを送るのは最悪です。

完全にパワーバランスとしては
相手が上、あなたが下という構図になってしまい、
ここから逆転するのは非常に難しくなります。

この場合、厳しいことを言うようですが、
返事がこない理由はあなたの発言に問題があったのではなく、
あなたの魅力に問題がある場合がほとんどです。

だからといって卑屈になってもモテるようにはなりませんので、
自分の魅力を磨き直すいい機会と捉え、

まずは

女心に火をつける5つの恋愛刺激

を磨くことや

体を鍛えモテホルモンを分泌する

ことから始めてみてはいかがでしょうか?

まとめとミッション

この記事のまとめ
・恋愛は基本的には総合点で判断される。

・謝ってマイナスが減るならすぐに謝るべき。

・客観的に見て自分に非がない場合には謝るべきではない。

今回のミッション
・今謝るべきかどうか悩んでいるなら友達や家族に客観的な評価を聞いてみる。

・問題の本質が自分の魅力不足なら今この瞬間から努力を始める。

※ 問題を後回しにして良いことは一つもありません。

今すぐに動き始める。それが最も重要な事です。

大原則 “感謝と謝罪を忘れない”

最後の大原則は

“感謝と謝罪を忘れない”

です。

これはもう人間関係の
基本中の基本ですよね。

当たり前すぎて
わざわざそんなこと書かなくてもいいだろ
と思われるかもしれませんが

たまーに「ありがとう」
「ごめん」が言えない

そしてその重要性と威力を
わかっていない人がいるので
一応書きました。

えーと、まず
なぜ感謝をするのかというと

一番の理由は

幸せな気分になれるし
幸せな気分にしてあげられるから

ですね。

暗い気持ちや不幸な気持ちで
人に感謝することはできません
から。
感謝の数だけ
自分も相手も幸せになれる。

すると一緒にいて楽しい。

当然楽しいから一緒にいたい。

これがいずれ好きだという気持ちに
発展し二人はめでたく・・・

なんてこともあるかもしれませんね。
逆にあなたが
何か相手のためになるようなことを
してあげたにも関わらず

「ありがとう」

の一言もなしでは
気分悪いですよね。

そして

「別に見返りを期待して
 やったわけじゃないけど
 お礼の一言ぐらい言えよ」

「もう何もしてやるもんか!」

きっとそんな風に思うことでしょう。

当然それは相手だって同じです。

感謝をしないというのは
相手の気分を害する行為
なんですよ。

だからもしあなたが
何かしてもらったときに感謝を忘れると
もう何もしてもらえなくなってしまいます。

大したことをしてもらったわけじゃなくても
少し大げさに感謝してみましょう。

するとこの人はこういうことを
ちゃんとできる人なんだなと思われますし

次もまたあなたのために
喜んでやってくれます。

当然ですが感謝するときは
態度で示してくださいね。

思っているだけじゃ
絶対に伝わらないですから。

それじゃ意味ないです。

感謝すれば感謝される。

逆に感謝しなければ感謝されない。

これを心理学では
「返報性の原理」とか言うんですが
そんな名前とかはどうでもよくて

要は

「女性に尽くしてもらいたかったら
 感謝を忘れるな」

ということです。

全く感謝の出来ないヤツなんて誰が見ても
人間として魅力がないですからね。
続く