友達は何人いますか?

ども 甲本です。

モテたいと思うのであれば
友達はたくさんいた方が
単純に有利です。

友達経由で紹介してもらえることもあるし、
合コンなどのお誘いがかかることもあります。

友達の友達と知り合うことで
そこから輪が広がり
思わぬ出会いに恵まれることもあります。

また、いろんな人間と接することで
自然と情報が入ってきます。

これ、実はかなり重要なことなんですが
その重要性に気付けていない人って
結構多い気がします。

情報ってのは人から入ってくるんですよね。

本を読んだり、ニュースを見たりして
情報を収集することももちろん大事ですが、
それだと自分の主観が作用してくるので
入ってくる情報が絞られてきます。

株式投資に興味がある人は
株の情報がたくさん入ってくるだろうし、

AKBに興味がある人は
AKBの情報がたくさん入ってくるだろうし、

恋愛に興味がある人は
恋愛の情報がたくさん入ってくると思います。

このように自分1人だと自分が興味のある情報しか
基本的には入って来ません。

しかし、他人は自分とは全く違うことに
興味を持っていたりします。

自分とは違う環境の中を生き、
自分とは違う体験を積んでいます。

それに触れる事は思わぬチャンスを引き寄せることにもなるし、
あなたの人としての器を大きくすることにも繋がります。

だから、友達は積極的に作って下さい。

欲を言えばそこにはいろんなジャンルの人がいた方がいいですね。

また、友達は男女問わず作ったほうがいいですが、
異性の友達を作るのが苦手な人は
同性の友達を増やすだけでもいいと思います。

僕も昔は一匹狼的な気質だったので
あんまり友達も多くはありませんでしたが、

今は基本的にいろんな所でいろんな人と
友達になれないかなと思いながら生活しているので
日に日に友達が増えています。

今日もラーメン屋のイケメンのお兄ちゃんと
仲良くなって来ました。

もしかしたらラーメン屋のお兄ちゃんと仲良くなっても
何の意味もないだろと思われる方もいるかもしれませんが、
そんなことはありません。

彼はイケメンなのできっと周りには
可愛い女の子がいるはずです。

僕がまだ知らないモテるノウハウを
彼を観察することで見つけることができるかもしれません。

合コンを開くときにもイケメンを連れていけば
幹事としての僕の株は上がります。

僕は自分でビジネスもやっていますので
ラーメン屋の収益形態を生で学ぶこともできます。

このように人と仲良くなることのメリットを挙げていけば
キリがないと思いますが、

単純に人1人と繋がるということは
たくさんの可能性を手に入れることになるわけです。

“チャンスは人が連れてきてくれる”

この言葉はぜひ覚えておいて下さい。

今はFacebook(フェイスブック)を初めとする
SNSもあります。

スマートフォンをお持ちの方であれば
LINE(ライン)を使ってみるもいいでしょう。

あらゆる方法を駆使して
友達を増やして下さい。

たくさんの人間とつながっていると
本当に今のあなたでは想像もつかないような
大きなチャンスに必ず巡り会えると思いますよ。

ではでは

また近い内に更新します。

甲本

ステータスを手に入れろ!

ども 甲本です。

世の中には

ブサイクでもモテる!
お金がなくてもOK!
太ってても大丈夫!

ということを謳っている
恋愛マニュアルが数多くありますよね。

今回はそこんとこに
僕なりの意見を言わせてもらいたいと思います。

ブサイクとは漢字で書くと
不細工です。

これは容姿や見た目が醜い様子を指す言葉です。

つまり、

ブサイクでもモテる!

というのは言い換えれば

「容姿が醜くてもモテる!」

ということです。

まぁ、それが現実に可能なのであれば、
そのマニュアルは非常に価値の高いものだと思いますが、

少なくとも僕の周りには
本当に不細工なのにモテている奴は
1人もいません。

これまでにモテる男をたくさん見てきましたが、
やはりみんな外見には気を使っています。

清潔感のある格好をし、
ヘアースタイルや眉毛も整っています。

見た目という要素は
ある程度までは努力で何とか出来る部分なので、
「自分は不細工だから~」と言い訳している人は
ただ単に努力を怠っているだけだと思います。

ちょっと考えてみて欲しいんですが

容姿に気を使っている人と
不細工と

どっちと仲良くなりたいですか?

彼氏、彼女にするならどっちですか?

お金にしたってそうです。

経済力というのは無いよりあった方が
絶対に有利です。

あなたも知っての通り
お金には強いパワーがあります。

例えば、あなたの銀行の残高が1億円あったら、
財布の中に現金で100万円入っていたら、
何かそれだけでモテそうな気がしてきませんか?(笑)

だったら、ビジネスや投資を学んで
お金を得るべきです。

体型も同じです。

太っているよりは体が引き締まっている方が
モテる確率は格段に高くなります。

もちろん、世の中には太っている人がタイプという方も
いらっしゃいます。

でも、母数としてはそんなに多くないですよね。

だったら、体を鍛えて格闘家みたいなボディを
手に入れるべきです。

ルックス
経済力
体型

こういったものは一種のステータスです。

別にステータスだけに囚われた
生き方をして欲しいとは思いませんが、

ステータスは低いより高いほうが
恋愛でも有利だということは
言うまでもありません。

そして、ステータスは努力で手に入るんです。

だったらですよ、

不細工で、お金もなくて、デブでもモテる方法を
探し求めるのと

容姿を改善し、お金を稼ぎ、体を鍛えるのと
どっちが健全ですか?って話です。

僕は後者をオススメしたいです。

だって、不細工なままでいるのは嫌でしょ?
貧乏生活なんかしたくないでしょ?
腹筋とか割れてた方がかっこよく見えるでしょ?

どうせなら欲張って全部手に入れてみたいと
僕なんかは思ってしまうわけです。

1度きりの人生だし。

また、一流のアスリートなんかは
試合で勝つための確率を1%でも高めるために
常に努力しているし、あらゆる可能性を模索しています。

だから、ただがむしゃらに練習するだけでなく
練習環境にもこだわるし、
シューズやウェアにもこだわるし、
使っている言葉にまで気をつけています。

これはどこの世界でも同じだと思います。

圧倒的にモテるようになりたいのであれば、
男としての格を高めたいのであれば、
妥協せずにあらゆる努力を行なっていきましょう。

小さな一歩の積み重ねが
いずれ別世界の扉を開いてくれると思いますよ。

以上、雑記でした。

甲本

来年こそは必ずやってやる!

ども 甲本です。

毎年この時期になると周りから
聞こえてくるのが

「来年こそは必ずやってやる!」

「来年は絶対彼女作る!」

「来年は必ずもっと出世する!」

というような声です。

これを聞くと僕は頭の中にクエスチョンマークが

???????

という感じでたくさん浮かんでくるんですが。

「まだ今年はあと半月あるじゃん!」

と思うわけです。

いやここで話したいのは
よくあるコップの例えのように

コップに水が半分入っているのを見て、

「あと半分しか入ってない」と思うのか
「あと半分も入っている」と思うのか

みたいなポジティブ思考かネガティブ思考か
の話がしたいのではなく

客観的な事実として
今年はまだ終わってないということです。

にも関わらず来年の目標に思いを馳せている。

いや、そういう事を思いながらでも
今をしっかりがんばっているのであれば
何も言うことはないんですが、
多くの人はそうじゃないように感じるんですよね。

おそらく

「来年こそは必ずやってやる!」

なんて言いながら“今”を疎かにしている人は
来年の今頃もきっと同じようなことを言ってますよ(笑)。

人間には二種類います。

ゴールが目前に迫った時に
「やったー、もうすぐゴールだー」
と言って気を緩めるタイプ

「よっしゃ!ゴールまでダッシュだ!」
ラストスパートをかけるタイプです。

どっちが成功により近いかは
言うまでもないことだと思います。

時間は有限です。

永遠に生きることはできないし、
いつまでも若いままではいられません。

歳を取れば当然できなくなることも
たくさん出てきます。

だからこそ、

今をもっと大切に、真剣に、生きましょう!

何となくそんなことを思った
師走の事でした。

さぁて、僕もラストスパートを
アクセル全開でがんばりやす!

自分のベストを出す秘訣

僕は

“ベストはベターの積み重ねにより成されるもの”

だと思っています。

つまり、

「最高の結果」を出したければ
「より良く」をとにかく積み重ねろ

ということですね。

ベストってのは出そうと思って
ポンっと出るもんじゃありません。

というか、ポンっと出てる時点で
それはベストではありませんよね(笑)

自分に出せる力を全て搾り出した先にのみ
ベストの結果が待っています。

「引きこもり」から抜け出し、“モテモテ”になった話

どうも 甲本です。

ある女性からこんなうれしいメールが
僕のところに届きました。

——————————————————-
甲本さんに出会えて本当に良かったです。

ツイッターでフォローして下さらなかったら、
きっと今も私は家でうじうじ後ろ向きで
行動することなんて思いも付かなかったと思います。

甲本さんのお陰で、一人で電車やバスにも乗れなかった私が、
銀行に振込みが出来るようになって、

一人で場所も大体しか分からない所に出向いて
模試の申し込みが出来て、

アマゾン等のネット通販ですら買い物出来なかったのに、
思い立ってすぐ、まだ発売前の商品を
アカウントを取って予約していました。

とにかく自分でも信じられないくらい、
勇気が湧いてくるようになりました!

自分の夢にも真剣に向き合えるようになっていました。

天性の引きこもり体質が治ったみたいです。
人生の悩みが一気に吹き飛んでしまいました。

——————————————————-

こんなことを言ってもらえると
僕だってニンマリしちゃいますよね(笑)

これはすでにいろんなところで
言ってることなんですが

高校時代の僕は
不登校の問題児でした。

完全に「引きこもり」でした。

今の僕しか知らない人にこれを言うと
結構驚かれますが。

そうなんです。

学校にもほとんど行かずに
自分の部屋にずっと閉じこもっていたんですね。

そうなった原因は

コミュニケーション能力不足
自分への自信のなさ
視野の狭さ

などなど

今考えてみるといろいろあると思いますが

一番の原因はやはり

「行動を起こさなかったこと」

だったと思います。

「こんなんじゃいけない! こんなんじゃいけない!」

そうは思っても結局何もせずに
ひたすら自己嫌悪の日々を過ごしていましたからね。

しかし、そんな僕が変われたのは
たった1つのキッカケからだったんです。

インターネット上で「この人は本物だ」と思える先生に出会って
僕の人生は本当に180度変わりました。

その出会いによって僕は
行動する自分を手に入れました。

おかげで、彼の出している教材は
ほとんど買い漁りましたね(笑)

さらに、がむしゃらに自分を磨くようにもなったし、
誰かのために何かしたい!
って気持ちも強くなりました。

前々からやりたいと思っていたボクシングも始めたり
学生ながらにインターネットビジネスを始めたりと
昔の自分では絶対にありえないような現実に
立ち向かうことができるようになりました。

加えるならば

ボクシングでは国体選手に選ばれるようになったし、
試合ではオリンピック選手とも戦いました。

さらに、ビジネスでもまだまだ小さな成功かもしれませんが
従業員も10人以上雇い、1ヶ月で1000万円以上稼いだこともあります。

そして、恋愛においては
それまでの女性を追いかける立場の男から
女性に求められる男になれてきたかなと。

積極的にデートに誘われることもあるし、
告白されることもあるし、
そのことについて他人から羨まれることもあります。

おまけに、今は一生大事にしたいと思える最愛の彼女もいて本当に幸せです。
 

それもこれもすべては
たった1つのキッカケから始まったことなんです。

僕も変わることができました。

上で紹介した方も変わることができました。

次はあなたの番です。

『あなたという物語』

 

モテる男の優しさとは!?間違った優しさとは!?

どうも 甲本です。

今回はモテ要素の1つである

「優しさ」

について解説します。

優しくするって簡単なようで
ホント難しいですよね。

こと恋愛においては特に(笑)

優しくすればするほど
気持ち悪がられることもあるし

優しくするだけだと恋愛対象としては
見られないこともしばしばです。

でも、女性に好みの男のタイプを聞くと
かなり上位の方に「優しい人」というのが入ってくる
わけです。

何なんだ?

って感じじゃないですか(笑)

優しい男が好きだって言うから優しくしているのに
告白すると友達以上としては見れない的なことを言い出す

で、

「はぁ~、女ってわかんねー」

となるわけですね(笑)

◆優しくしてもモテない?いや、モテる?本当はどっち?

断言しましょう。

優しい男はモテます。

女性にモテるだけでなく
人として好かれます。

「優しい男」か「優しくない男」か
どっちか選べと女性に問いかけたなら
十中八九「優しい男」を選ぶと思います。

じゃあ、優しくしてモテている男と
優しくしているけどモテない男の違いは何なのか?

ちょっと考えてみてください。

10秒でいいです。

ちゃんと考えてくださいね。

・・・・

考えましたか?

では、僕が思う答えを発表します。

「モテない男は優しさの意味をはき違えている」

これがかなり大きいのではないかと思います。

◆優しさとは何か?

優しさというのは

五条之徳(仁義礼智信)

でいうところの「仁」に当たるもので、

僕なりの解釈ですごく簡単に表現すると

“相手を心地よくすることで、自分も心地よくなること”

です。

これは非常に、非常に、重要な定義なので
しっかりと肝に銘じておいてください。

◆間違った優しさ

モテない男は間違った優しさをフルで発揮しています。

だから、勘違い野郎になってしまう。

女性が落ちる前に自分が疲弊してしまう。

優しくしているのにウザがられる。

優しい男ではなく「都合のいい男」になってしまっているんです。

1つ1つ解説していきましょう。

相手がして欲しいことではなく、自分がして欲しいことをしている。

これが典型的な優しさの押し売りパターンです。

例えば、僕はコーヒーはブラック派で
毎日の様に飲んでいます。

ええ、ブラックコーヒーが好きなんです。

しかし、世の中にはそんな苦いものを飲むなんて
絶対にあり得ないし、そもそも臭いがダメ。

そんな人がいることも存じ上げております。

だから、僕自身はブラックコーヒーを差し入れてもらうと
すごくうれしいんですが、
ブラックコーヒーが嫌いな人に
それを差し入れたりはしません。

当たり前ですよね。

けど、

「あなたの事を思ってやっているのに・・・」

という類の親切の押し売り
全てこれと同じパターンであることに
気付いている人はどれくらいいるでしょうか?

誤解を恐れずに言えば、

「自分だったらこうして欲しい」

を相手にしてはいけないんです。

あくまでも

「相手がして欲しいこと」

をしてあげなければいけません。

それが優しさというものです。

自分のキャパを超えた事をしている。

たとえ「相手がして欲しいこと」をしてあげていても
それを自分が続けられなければ意味がありません。

優しさには賞味期限があります。

あなたが優しくしてあげても
相手がそれを味わえる期間は永遠には続きません。

今日行った1つの優しさが
相手の中で一生続くなんてことは
ほぼあり得ない事です。

だから、優しさというのは
賞味期限が切れる前に次の新鮮な優しさを、
またその次の新鮮な優しさを、という風に
安定供給し続けなければいけない
んです。

送り迎えもしてあげて、
美味しいご飯もおごって、
ブランド物もプレゼントして、
肩も揉んであげて・・・

という風にしていては
普通はキャパオーバーですよね。

相手の気を引くためとはいえ
これではいつか疲れて続けられなくなります。

それは本物の優しさではない。

優しさの定義をもう一度確認してみて下さい。

“相手を心地よくすることで、自分も心地よくなること”

でしたね。

つまり、自分も心地いい範囲で
行わなければならないということです。

見返りを求めている。

「相手がして欲しいこと」をしてあげて、
なおかつ、自分のキャパの範囲内で
安定供給も行っている。

かなりいいところまで来ました。

しかし、ここで最大の難関が訪れます。

そう、

「見返りを求めてしまう」

という壁です。

やはり人間なんで

「これだけやってあげているんだから・・・
 ちょっとくらいは・・・」

という考えがよぎることはあります。

でも、それじゃダメ。

全然ダメ。

見返りを求めている限りは
真には相手の心を揺さぶりません。

それはある種の取引であり、
AをあげるからBをちょうだいよ
と言っているのと同じです。

今一度、優しさの定義を見て下さい。

“相手を心地よくすることで、自分も心地よくなること”

よろしいでしょうか?

相手が心地よくなっている時点で
自分も心地よくなっているんです。

相手の喜ぶ声を聞き、喜ぶ顔を見た時点で、
もう受け取っているんです。

そう考え、感じられる男になってください。

無償の愛

です。

あなたが届ける無償の愛の純度が高まってきた時に
奇跡は起きます。

モテる男の仲間入りです。

◆優しさチェックシート

いやー、「言うは易く行うは難し」で
頭ではわかっていても
いざ実践となるとなかなか難しいものですよね。

そこで優しさチェックシートなるものを作りました。

これを満たしていれば
だいぶモテる優しさが身に付くようになると思います。

あなたが今やっている優しさが
このシートの項目を満たしているかどうか
チェックしてみてください。

満たしているならばそのまま続けていってください。
いずれ必ずモテるようになります。

というかすでにモテている可能性が高いですけどね。

気づいていないだけで。

満たしていなければ1つでも多く
満たすようにがんばってください。

それだけで周りのあなたを見る目は変わると思いますので。

<優しさチェックシート>

□その優しさはただの自己満足になっていないか?

相手は何をして欲しいと思っているか?
それを常に探る努力をしてください。

でないと、優しさの押し売りになってしまいます。

「自分がして欲しいこと」

ではなく

「相手がして欲しいこと」

これが鉄則です。

□気を引くために無理に優しくしていないか?

読んで字の如く、無理には理がありません。

自分のキャパの範囲内で

「続けられる」

ということを前提とした優しさを実践しましょう。

100円の差し入れならほとんどの人は
頻繁に行ってもそんなに痛くはないと思いますが、

10,000円のプレゼントを度々行うのは
ほとんどの人にとって無理があると思います。

□見返り(利益)を求めていないか?

「見返り」

これがあなたを真の優しさから遠ざけている真犯人です。

優しくしてお礼を言われなかった時に
腹を立てるようなら
優しくなんかしないほうがマシです。

見返りがないとわかったとたんに
態度を変えるような人を
本当の意味で優しい人とは言いません。

□男友達にしても気持ち悪くない優しさか?

気がある女の子にはついデレデレしてしまいがちですが
それは見抜かれていますよ。

下心を持って接するというのは
見返りを求めているのと同義です。

□相手の顔色を伺っていないか?

気に入られたいという気持ちは
とりあえず脇において
まずは無償の愛を実践しましょう。

オドオドした状態で優しくなんかするから
気持ち悪がられるんです。

やるからには男らしく、堂々と。

相手が可愛いからとか、
自分には不釣り合いなくらい美人だからとか、
そんな事は気にしないで下さい。

愛の実践に人としての優劣は関係ありませんので。

□その優しさには強さがあるか?

強さがないと優しくしているつもりが
甘やかしていることになりがちです。

相手がやるべきことまで
代わりにしてあげてはいけません。

それは相手の成長を妨げ、
堕落させる事に繋がるからです。

以上、6項目。

すぐにメモってこれから女性と接する時は
事前に見返しておいてください。

それだけで相手のあなたに対する評価は
上がると思いますので。

真の優しさというのは本当に難しいものですが
上のチェックシートを活用していただければ
かなりそれに近づくことができると思います。

くどいようですが必ずメモってくださいね。

人間関係全般にも通じる1つの極意だと思いますので。

◆この記事のまとめ

・優しくしてもモテない男は「優しさ」の定義を履き違えている。

・優しさの定義:相手を心地よくすることで、自分も心地よくなること

・間違った優しさ

1.相手がして欲しいことではなく、自分がして欲しいことをしている。

2.自分のキャパを超えた事をしている。

3.見返りを求めている。

<優しさチェックシート>
□その優しさはただの自己満足になっていないか?
□気を引くために無理に優しくしていないか?
□見返り(利益)を求めていないか?
□男友達にしても気持ち悪くない優しさか?
□相手の顔色を伺っていないか?
□その優しさには強さがあるか?

モテる人 or モテない人

<モテる男とモテない男の決定的な違いとは?>

僕がこの「モテるための絶対ルール!」という
メルマガを発行し始めてから
すでに3年間以上が経過しています。

早いものですね。

これもあなたのような
温かい読者さんがいてくれるおかげだと思います。

本当にありがとうございます。

で、その間に僕は多くの方々から
いろいろな恋愛相談を受け続けてきました。

時には数が多くてすぐに返事ができないこともしばしば・・・
という嬉しい悲鳴を上げながら。

何しろずっと無料でやっていますからね。

あっ、一応フォームを張っておくか。

甲本への恋愛相談はこちら

で、その過程で見えてきたんです。
モテる人とモテない人の決定的な違いが。

ある人は僕がちょっとアドバイスをしたら
割とすぐに結果を出してくれる。

そして、うれしい報告をしてくれるんですね。

しかし、ある人は何回僕がアドバイスをし続けても
なかなか思うように結果が出ない。

そして、同じような内容で
進展のない相談メールがずっと続きます。

これは別に僕のアドバイスがある人の時には真剣で
ある人の時には手を抜いていたとか

ある人はそもそもうまくいきやすい状態だったのに対し
ある人はかなり難しい状態だったというようなことは
全然関係ありませんよ。

僕はどんな人にも出来る限りの
アドバイスはしていますし

(時には辛口も交えつつ 苦笑)

難しい恋愛から花を咲かせた人もいれば
すでに僕の目から見ればいい感じの恋愛だったものを
自らブチ壊す人もいますから。

つまり、モテるモテない、
成功できる成功できないを分ける
根本的な問題は個人個人の中にあるということです。

ここをまず改善しないことには

どんなに外見がカッコよくても
どんなに恋愛テクニックを学んでも
どんなにたくさんのチャンスがあっても
どんなに僕がアドバイスをしても

目に見える状況の変化は
期待できないってことです。

果たして、その根本的原因とはいったい何でしょうか?

ここに

「モテない男の発言」と「モテる男の発言」があります。

◆モテない男

「あー、彼女欲しい!でも出会いがないからなぁ・・・」

「甲本はいいよなぁ。カワイイ彼女がいて。
 なぁ、おれにも誰か紹介してくれよ」

☆モテる男

「あー、彼女欲しい!でもこのままじゃ出会いがないから・・・
 よしっ、女のコがいそうなバイトでも始めてみるか♪」

「甲本はいいよなぁ。カワイイ彼女がいて。
 お前も元々はモテない連盟の一員だっただろ(笑)。
 どうやってあんな女のコと付き合えたんだよ?」

何が違うかわかりますか?

モテる男の方が・・・

発言内容がちょっと長い!

とかじゃありませんよ(笑)。
当たり前ですけど。

モテる男とモテない男というのは

“思考回路が根本的に違う”

んです。

わかりますか?
上の発言例を見てどう違うのか。

モテない男の方は

「ネガティブ」で「他力本願」

ですよね。

一方、モテる男はというと

「ポジティブ」「自ら学ぼうとする姿勢」

が感じ取れます。

このように見た目とか
テクニックうんぬんの前に

考え方や生き方の時点で
圧倒的な差がついてしまっているんですね。

思考回路の時点でポンコツだったら
周りがいくらアドバイスしても
このままじゃ永久にモテないし成功もできないんです。

残念ながらね。

「そんなこと言ってもそう簡単に
 考え方なんか変えられるわけないじゃん・・・」

もしかして今そう思っちゃいました?

それですよ。
その思考回路!

それがもうダメです。
ダメダメダメ。
やる前からゴチャゴチャ言うんじゃない。
そんな考え方して楽しいかい?

まずは

「絶対に変わってやる!」

って、ただただ唱えるんです。

それだけでも少しずつですが
着実に変わることができますから。

たったこれだけのことをやるかやらないかで
大きく未来を左右しますよ。

当たり前の努力を放棄して
成功はつかめませんから。

ちなみにモテる男の共通点は
「やってやるぜ!」
っていうオーラがあることです。

そして、彼らは自ら学ぶ姿勢があるので
基本的には全て自分で何とかしようとしますね。

誰かに依存することを嫌うんです。
何ていうんですかねー。
そういういい意味でのプライドを持っています。

それで、ちょっと行き詰ったなと感じたときや
疑問に思ったことがあったら
学びを得ようという視点で質問してきますね。

で、それを元にまたがんばるというスタンスです。

だから、相談というよりは「報告」や「質問」という感じの
メールを送って来られますね。

これは例外なくそうです。

そして、彼らは大なり小なりの結果を着実に出していきます。

さて、

今あなたはどっち側にいましたか?

★<まとめ>

・ モテる男とモテない男の決定的な違いとは?
  => “思考回路が根本的に違う”

・ モテない男の持つ思考回路の特徴
  「ずっとネガティブ」「他力本願」

・ モテる男の持つ思考回路の特徴
  「ポジティブ」「自ら学ぶ姿勢」「やってやるぜ!」

・ 今どうしようもなくモテないと感じているなら
  まずは思考回路を改善しろ

ここまでお疲れ様でした。

どうでしたか?

僕のブログをここまで読んでいる時点で
あなたには少なからず学ぶ姿勢があるのだと思います。

だから、おそらく永久にモテないままという最悪の事態は
避けられるんじゃないかとは思いますけどね。

まぁ、それも結局はあなたしだいですが。

中には本当に感心するほど勉強熱心な方もいて

僕のメルマガ、レポートは
全て印刷してファイリングしてますとか

毎回メモを取って自分なりに
ノートにまとめたりしていますとか

昼休みには携帯でバックナンバーを読んで
勉強していますとか

すごい人になると自分の過去の失恋経験を詳細に分析して
レポートにまとめて送って来てくれたり、なんていう猛者までいます。

あー、これについては本人の許可も頂いていますし、
せっかくなんで実際にお見せしましょうか。

「失恋レポート」

これはホントに読む価値ありだと思いますよ。
とても読みやすくまとめられていますしね。

僕自身もすごく勉強になりましたから。

「あー、人は恋をすると
 こうやって泥沼にハマっていくんだな」とか

「なるほど、この人はこんな風に
 問題を少しずつ解決していったんだな」とか

いろんな視点で見てみてください。

恋愛のテクニックを学ぶのとは
また違った学びも得られると思いますので。

それから、更なる高みを目指している野心多きあなたには
ぜひこの教材で学んで欲しいですね。

『あなたという物語』

この内容について本当に真剣に取り組んでくれたなら
あなたを内側からそんじょそこらの男とは格の違う男へと変貌させ
あらゆる苦しみから解放することをお約束します。

ではでは

最後まで読んでくれて
ありがとうございました!

甲本

「彼女いるの?」と聞かれたらどうする?超実践的な3つの技を伝授!

どうも 甲本です。

女性から「彼女いるの?」と聞かれた時、
いろいろと想像しちゃいますよね(笑)

「あれ?これって脈ありなの??」

とか

「ここでいないって普通に答えるともったいないのかな?」

とかね。

そこで、彼女がいるか聞かれた時の女性の心理と
恋愛の基本となる3つのテクニックを伝授したいと思います。

「「彼女いるの?」と聞かれたらどうする?超実践的な3つの技を伝授!」の続きを読む…

恋愛したけりゃまずルックスを磨け!【モテる外見の作り方】

どうも 甲本です。

「恋愛がしたい!」
「彼女が欲しい!」

そう思った時に最初にすべき事は

ルックスを磨くこと

と言われるのはなぜでしょうか?

今回はこれを検証し、モテる外見の作り方を解説していきたいと思います。

「恋愛したけりゃまずルックスを磨け!【モテる外見の作り方】」の続きを読む…