キスにおける2つの大罪

ども 甲本です。

僕が昔ある女性と付き合っていた時の事です。

その子は社会人になった後にも
趣味でテニスをやったりしていて
スタイルも悪くないし、
顔も僕の好みに合っていました。

そして、よく笑うし
フィーリングも合うなと思っていました。

しかし、最終的には別れました。

その理由の一端をこれからお話します。

その子はコーヒーが好きだったんですね。

で、これからお泊りをするって時にも
コンビニでコーヒーを買って飲むんです。

そして、その後に歯を磨くこともなく、
口を水でゆすぐこともなく、
キスを迫ってきます。

僕もコーヒーは好きで今でもよく飲むし、
その香りにも安らぎのひとときをもらっていますが、
他人の口からするコーヒーの香りは
単なる口臭でしかありません。

僕は結構匂いには敏感な方なので
それが嫌だったんですね。

もしかしたら

「好きなんだったらそれくらい我慢できるでしょ?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
多くのカップルはそういう小さな不満が積もり積もった結果、
破局を迎えてしまうわけですよね。

しかも、

「口臭いよ。歯磨いてきて」

なんてキスする前に面と向かって言えますか?

さすがに言いづらい部分ですよね(苦笑)

こういう気づかない所での減点は
結構痛い
んです。

一度嫌なとこが目に付くと
どんどん芋づる式に嫌なとこが見えたりするもんです。

で、実はその子とキスする時に
気になったことはもう一つあって、

キスの時に目をものすごく見開いて
こっちを見てるんですよね。

それはもうガン見です・・・。

こういう言い方をすると失礼だと思いますが、
正直ホラー映像ですよ。

ロマンチックなムードも何もあったもんじゃありません。

このブログを通じて恋愛について学んでいるあなたが

・キスの前に臭いの強いものを飲む(食べる)
・キスの時に相手の顔をガン見

なんていう凡ミスを犯すとは思いませんが、
思わぬ所に落とし穴というのは潜んでいるものです。

つまらないミスをしないように
気をつけてくださいね。

甲本

ヘタレ解消法を実践した結果:彼女とキスできました!

どうも 甲本です。

今回もまた僕と読者さんの
恋愛相談のやり取りを1つご紹介したいと思います。

なんと今回は中学生のYくんからの
相談ですね。

最近の中学生はネットで
恋愛を勉強しているのか!?

って感じですが(笑)

非常に上手くいった事例なんで
ぜひ参考にしてみてください。

Yくんからの相談:キスはおろか、手さえ繋げてません。

★—– 件名 —–★
相談があります。

★—– 質問、感想、恋愛相談の内容 —–★
初めまして
僕は中学生です。

恋愛事の相談に乗ってくれる人がいません。

話を聞いてもらえたらと思ったのですが
「俺はガキの色恋沙汰は受付けねぇぜ」
というのなら返信はいりません。

でも、悩みを打ち明けられなくて
どうにも辛かったので頼ってみることにしました。

ブログの方は大変役に立つことが
書かれているので読ませてもらってます。

では、現状紹介させてもらいます。

僕は付き合って一ヶ月にも満たない彼女がいます。

でも、内気な性格(いわゆるヘタレ)のせいか
キスはおろか、手さえ繋げてません。

自分でも「今日こそは…!」と思ってるのですが
本人を前にすると、緊張します。

帰りの道では普通に話せて楽しいのですが、
手を繋ぐぞとか思うとダメになり、
目を見て話すことも不可能になります。

僕はできれば
甲本さんにヘタレ解消のコツとかあれば良いなと思い
相談をさせてもらいました。

僕としては自信を得られる得意なことがないこと。

また、意識しすぎて力んでしまい過ぎたことが
問題点だと思っています。

解決策として僕はギターを始めました。

うまくなって自信をつけようと思ったからです。

アドバイスがあれば、よろしくお願いします。

どんなステージにあっても悩みはある

★—– 以下、甲本の返答です —–★

どうも Yくん

新しい企画の打ち合わせやらなんやらで
ハードスケジュールの甲本です。

こんばんは。

メールありがとうございます。

—– 質問、感想、恋愛相談の内容 —–

初めまして
僕は中学生です。

恋愛事の相談に乗ってくれる人がいません。

話を聞いてもらえたらと思ったのですが
「俺はガキの色恋沙汰は受付けねぇぜ」
というのなら返信はいりません。

でも、悩みを打ち明けられなくて
どうにも辛かったので頼ってみることにしました。

ブログの方は大変役に立つことが
書かれているので読ませてもらってます。


いやいや、中学生だろうが
しっかりと高い意識を持って
恋愛に取り組んでいる人を
僕は差別したりしませんよ。

僕のブログを読んだりして
勉強してくれているのなら
なおのことだと思います。

この世には恋愛を勉強しようという発想すらない人間が
たくさんいますからね。

卑屈にならずにがんばっていきましょう!

では、現状紹介させてもらいます。

僕は付き合って一ヶ月にも満たない彼女がいます。

でも、内気な性格(いわゆるヘタレ)のせいか
キスはおろか、手さえ繋げてません。

自分でも「今日こそは…!」と思ってるのですが
本人を前にすると、緊張します。

帰りの道では普通に話せて楽しいのですが、
手を繋ぐぞとか思うとダメになり、
目を見て話すことも不可能になります。

僕はできれば
甲本さんにヘタレ解消のコツとかあれば良いなと思い
相談をさせてもらいました。

僕としては自信を得られる得意なことがないこと。

また、意識しすぎて力んでしまい過ぎたことが
問題点だと思っています。

解決策として僕はギターを始めました。

うまくなって自信をつけようと思ったからです。

アドバイスがあれば、よろしくお願いします。


なるほどねー。

中学生で彼女がいるんだったら
それだけで随分優秀なんじゃないかと思いますが(笑)

それでも手さえ繋げない
己のヘタレぶりに悩んでいると。

うんうん。

まぁ、どんなステージにいても
人間は悩むもの
ですからね。

で、今回の話なんですが
自分に自信を持つためにギターを始めたということは
非常に素晴らしいことだと思います。

ぜひ、磨きをかけていってください。

ギターが弾けるってのは自信につながるだけでなく
恋愛においてもやっぱポイント高いですから。

バンドを組んでいる男なんか
なぜか無条件でモテたりすることがありますよね(笑)

まずは1曲何か弾けるようになれるといいですね。

ただ、ギターが弾けるようになって
自分にそれなりに自信がついても
それだけでは根本的な解決にはならない
というのが僕の見解です。

だって、目指すゴールとしては
バンドを組むことではなくて
彼女と手を繋ぐこと、キスをすることなわけですから。

恋愛もスキンシップもスモールステップが原則

でね、ここでまず覚えておいて欲しいことは

恋愛は

“1歩1歩着実に進むことが大事”

だってことです。

まぁ、恋愛だけに限ったことではないですが。

例えば

バットも振ったことのない人間が
いきなりホームランを打てなんて言われても
そもそも無理がありますよね。

その前にまずはフォームを覚えながら素振りを繰り返して、
少しずつボールに当てられるようになって、

次は前に飛ばせるようになって、
ようやくヒットを出せるようになって、
その先に初めてホームランが待っているわけです。

恋愛だって同じです。

いきなり手を繋げないんだったら
自分はまだそのレベルにないってことを
まずは一旦認めて、それを受け入れた上で、

じゃあ、どうすればそのレベルに達することができるのか?

を考えなければいけません。

この場合はもっと簡単なスキンシップから
入っていけ
ということが言えるでしょう。

手は繋げなくても
例えば隣にいるときとかに
「おいっ」って肘で
ツッコミを入れることはできないでしょうか?

「お前、手ぇちっちゃいなー!」
とか言いながら手のひらと手のひらを
合わせることはできないでしょうか?

あいさつの時に
「よっ」とか声をかけながら
相手の肩や頭をポンっと
軽く叩くことはできないでしょうか?

まずはそういうできるところから
取り組んでいくのが重要なことだと思います。

緊張してしまって手も繋げないおれは
ヘタレだと悩んでいるようですが
それはなんにも恥じることはないと思いますよ。

訓練してないんだから当たり前なんです。

さっきも言ったように
一度もバットを振ったことがない奴が
いきなりホームランを打てと言われても
できるわけないんですから。

スキンシップも
いろんなバリエーションがありますよね。

手を繋ぐことだけが
スキンシップではありません。

今できるものから
取り組んでいきましょう。

まずは素振りです。

そして、徐々にレベルアップしていけばいいんですよ。

そうすれば最終的にはキスにだって
到達できますから。

恋愛もスキンシップもスモールステップが原則です。

そういう意識で一度がんばってみてください。

で、甲本に恋愛相談をしたら
宿題が出されることになるわけですが(笑)

今の自分でも緊張せずにできるであろうスキンシップを
最低5個、箇条書きで書き出して提出してください。

提出期限は今日から1週間です。

もちろんギリギリになって提出するよりは
早めに取り組んだほうがいいと思いますが。

せっかくの機会なんでめんどくさがらずに
やってみましょう!

ではでは

応援してまっせ^^

ありがとうございました!

甲本

5つのスキンシップ

★—– その後、比較的すぐにYくんは宿題を出してくれました —–★

お忙しい中、返信ありがとうございます。

なるほど
訓練をしていないから緊張をする。

逆に言えば、訓練をしてRPGの様に、
1つずつレベルアップをすればよい
ということですね

宿題ですが

・二人で何か成功したときのハイタッチ
・頭を撫でる
・顔や髪にゴミがついているとき取ってあげること
(スキンシップ?)
・彼女がボケた時に肩にポンとツッコミ
・呼ぶときに軽くポンポンってする くらいですかね

今日は彼女と雲の形が
あーだこーだと話してました(笑)

あと「あぁ、幸せだぁ」と呟いたら
真っ赤になってた彼女が可愛かったです。

★—– 以下、Yくんの宿題に対する僕のコメントです —–★

Yくん

ども 最近ハイデガーという哲学者について
熱心に勉強している甲本です。

やっぱ哲学って面白いですねー。

そんな話はさておき(笑)

さっそくの宿題提出ご苦労様です。

いやー、早かったですねー!

その行動力のスピードは
今度も大事にしていってください。

訓練をしていないから緊張をする。
逆に言えば、訓練をしてRPGの様に、
1つずつレベルアップをすればよいということですね


これはまさにその通りですね。

訓練していないから緊張もするし
上手くいかないのだから

ならば、1つずつレベルアップしていって
それができる自分になっちゃえばいいって話です。

そして、重要なのは“1つずつ”ってところで
いきなりビューンとワープはできません。

小さな積み重ねが大きな結果を生むんだということを
常に忘れないようにしておいてください。

宿題ですが
・二人で何か成功したときのハイタッチ
・頭を撫でる
・顔や髪にゴミがついているとき取ってあげること
(スキンシップ?)
・彼女がボケた時に肩にポンとツッコミ
・呼ぶときに軽くポンポンってする くらいですかね


うんうん。
いいんじゃないですか。

1つずつ、着実にこなしていきましょう。

ここに挙げた5つというのは
いわばレベルアップするために必要なミッションです。

この全てが違和感なく自然にできるようになれば
その時にはすでに1つ上のステージに上がっていることでしょう。

楽しみながら取り組んでいってみてください。

そうすればもう自分はヘタレなんじゃないかって
悩むこともなくなると思いますので。

今日は彼女と雲の形が
あーだこーだと話してました(笑)
あと「あぁ、幸せだぁ」と呟いたら
真っ赤になってた彼女が可愛かったです。


おっ♪

いいですねー。
恋愛を十二分に満喫してるじゃないですか(笑)

恋人関係にあるとそういうちょっとしたことが
本当にうれしいし楽しいんですよね^^

その二人の間にある「愛情」を
これからもっとでっかいものに
育て上げていって欲しいなと思います。

ではでは

宿題お疲れ様でした!

また何かあればメールください。

ありがとうございました。

甲本

実践結果:彼女にキスすることができました!

★—– その後、1週間も経たないうちにYくんからこんな連絡が —–★

甲本さんは救世主です!

アドバイスのおかげで
彼女にキスすることができました。

あと、自信を持って言えましたよ。
「好きです。これからも付き合って下さい」って。
もうヘタレない!って思いました。

相談して本当に良かったです。
ありがとうございました。

ヘタレ解消法 まとめとミッション

<この記事のまとめ>
・恋愛もスキンシップもスモールステップが原則

・今できることから始めて、徐々にレベルアップすべし。

<今回のミッション>
・今の自分でも女性にできるスキンシップを5つ書き出せ。

ただし、まだ付き合ってもいない女性に対しては、あまりベタベタ触り過ぎるのはNG。

・書き出したスキンシップを簡単なものから順に実践せよ。

※ できないことはできない。だから、できることをやればいい。