モテたければまずリアクション上手になれ!

どうも 甲本です。

女性にモテる男の大きな条件として

「会話力」

というのが挙げられると思います。

そして、その会話力の中でも
最初に習得すべきスキルが

“リアクション力”

です。

これをマスターできれば
口下手なあなたでも女子を虜にできるかもしれませんよ。

ぜひ参考にしてみて下さい。

しゃべる男 VS しゃべらせる男

話が上手い男は女性にモテる。

これは疑いようのない事実だと思いますが、

(自分は話が上手いと思っているだけで)
つまらない話を延々としゃべり続ける男

というのは逆に嫌われてしまいます。

話上手になるためには

幅広い知識と多様な経験値、
ストーリーの構成能力、
場の空気や相手のリアクションの真意を理解する力、
心地よいトーンの声とテンポ、

相手のレベルに合わせたネタの選び方、
話をより盛り上げるためのボディランゲージ、
それらの要素を瞬時に統合し出力できるだけのセンス・・・

などなどが必要とされます。

地道に訓練を積んでいけば
誰でも会話力というのは向上するかと思いますが、
一朝一夕に身につくものではありませんね。

だから、自分は恋愛スキル初級者だという自覚がある人は
まずは「しゃべる男」よりも「しゃべらせる男」を目指した方が
よっぽどモテへの近道になると思います。

そして、しゃべらせる男になるために
何よりも重要なのが

「リアクション」

である事は言うまでもありませんね。

リアクション上手がモテる訳

人間には承認欲求というものがあります。

人から認められたい、受け入れて欲しい、
そう思う欲望の事です。

そして、リアクションというのは
この承認欲求を最も簡単に満たしてあげることができる
非常に重要なコミュニケーションスキルになるわけですね。

誰だって自分の話を
熱心に聞いてくれる人には
心を開くものです。

相手が何か話し始めたら
必ずリアクションをとる事によって
あなたの話をちゃんと聞いていますよということを
アピールしてください。

また、リアクションを意識していると
相手からは話しやすく気さくな感じの人だ
とも思ってもらえます。

女性にしてみても
しっかりと反応が返ってくるので
話すのが楽しくなってくるんですね。

すると、もっとこの人と話したい、
また話したいと思われます。

こうなればしめたものですね(笑)

そのうちあなたを見かける度に
女性のほうから
話しかけてきてくれるようになりますから。

それに、リアクションを
しっかりとっているうちに
不思議とこっちも会話が楽しくなってきます。

そのうちなんだか
自分が会話の達人のように
思えてくるんですね。

これはもうやればやるだけ
自信がついてきますから
ぜひ今日から実践してください。

リアクション下手がモテない訳

逆に全然リアクションを
とらないとどうなるか?

悲惨なことになるのは
目に見えていますが(苦笑)

一応どうなってしまうのか
説明しておきましょう。

今までリアクションに乏しかった人は
覚悟して聞いてください(苦笑)

えー、まずリアクションがないと
相手にとってはこっちが
話を聞いているのかどうかがわかりません。

会話にリズムが生まれず
すぐに話題がなくなってしまいます。

気まずいです。

銅像に向かって
ずっと楽しそうに話し続けられる人は
いないでしょう。

いたら変態です(笑)

当然それじゃ少しも楽しくないので
会話していること自体が苦痛になってきます。

おそらくその人と
もう一度話したいという感情は
抱かないでしょうね。

少なくとも自分から話しかけようなんて
考えもしなくなると思います。

そうなると彼女との距離は
どんどん離れていってしまいます。

そのうち遙か彼方に
消えていってしまうかもしれません。

モテたかったら女性の話を
ふーんと聞き流してはいけないんですね。

なぜなら誠実さがなくなるから。

あなたはこっちの話は全然聞かないで
自分だけ話し続ける人をどう思います?

まぁその話がすごく面白いものであれば
それなりに許せるかもしれませんが
そうでもなければ最悪ですよ。

会話というのは
キャッチボールのはずです。

こっちの投げた球はスルーしておいて
自分だけ一方的に投げつけてくる人や
そもそも球を受け取らないし
投げない人とキャッチボールは成立しません。

そんな人と会話を続けるなんて
少なくとも僕には耐えられません。

何でもいいんです。

必ずリアクションしましょう。

基本となる3種類のリアクション

何でもいいと言っても
ピンとこない人もいるかもしれないので
基本となる3つのリアクションのパターンを
ご紹介しておきましょう。

共感

共感というのは読んで字の如く、
共に感じる事です。

相手の喜怒哀楽の感情を共有することで
仲間意識が自然と芽生えます。

「うん」

とか

「うんうん」

といった単調なリアクションであっても、
相手が楽しそうな顔をしている時は
こちらも楽しそうな顔やトーンで「うん」と言い、

相手が悲しそうな顔をしている時は
こちらも悲しそうな顔やトーンで「うん」と言ってあげることです。

共感を示す相槌はリアクションスキルを高める
最初の一歩でしょうかね。

感嘆

次に感嘆という方法があります。

感心してホメる事を言います。

「へぇー!すごいね!」とか
「そうなんだー!偉いね!」とかです。

文字にするとわかりづらいですが、
「!」の部分が重要です。

LINEのやり取りなんかでも

「へぇー」

と「!」無しで送ると、
この話には興味ないのねと誤解されてしまいます。

しっかりと驚きを示すというところがポイントですね。

質問

最初はうなずくとか
相槌を打つだけでもいいですが、
相手の話をもっと深く掘り下げるためには

「質問」

というスキルが必要不可欠になります。

これはあなたの話は面白いので
もっと聞かせてくださいという意味が
暗に込められたコミュニケーションスキルだからです。

例えば、相手の女性が犬好きで

「うちのポチがすっごくかわいくて
 あたしが帰ると必ず走って飛びついてくるの!」

と嬉しそうに話していたとします。

これに対してあなたならどうリアクションしますか?

「犬は嫌いだな」(否定)
「そっか」(無関心)
「・・・」(無視)

これらは好感を得るには最低のリアクションです(笑)

逆に、

「へぇー!犬飼ってるんだ!いいね(^^)
かわいいよね♪」(共感&感嘆)

「何か写メとかないの?」(質問)

という感じであれば
好感度があがる模範的なリアクションと言えると思います。

ぜひ女性と会話する時は以上の3つの基本的なリアクションは
しっかりと意識してやってみてください。

リアクションのコツ

さらにリアクションをより効果的にするための
コツをいくつかご紹介しておきましょう。

全身を使ってリアクションを取る

上級者になれば
顔の表情や体の動きもフル活用して
リアクションがとっています。

話の内容に合わせて
目を見開いたり、拳を握って見せたり。

ずっとニコニコしてたのに
ディスられた瞬間に
急に怖い顔をするのも面白いですね。

笑いながら机をバンバン叩くのもいいです。

状況によって全身をフルに使って
いろんなリアクションがとれるように
訓練してみてください。

オーバーリアクション

リアクションをする時には
ちょっとここまでやって大丈夫かな?
と思うくらいにオーバーに行った方が
より効果的です。

最初はなんだか違和感を覚える
ってこともあるかもしれません。

実際僕もそうでした。

でもずーっと続けているうちに
なんだかそれが普通になってくるんですね。

不思議と。

そして、実際リアクションは大きい方がモテます。

お笑い芸人の人達がモテるのも
このオーバーリアクションによるところがあると思います。

どんな声のトーンで、
どれくらい声を張って、
どんな言葉でリアクションしているのか?

バラエティ番組などで芸人さん達のリアクションを見て
ぜひ参考にしてみて下さい。

で、あとはテストを繰り返すことですね。

実際の会話の中でいろいろと試してみることです。

試してみることに失敗はありませんので。

仮に反応が悪かったとしても
上手くいかない方法というデータは取れた事になります。

データが取れたら改善を繰り返す。

そうしている内にいつの間にか
女性と会話することに
すごく自信が持てるようになし
楽しくなると思いますよ。

あーだこーだ考える前に

Let’s try!

<まとめ>

・ 必ずリアクションをとることは女性と会話する上での掟。

・ 誰だって自分の話に熱心に耳を傾けてくれる人には心を開く。

・ リアクションをとり続けることで自分も相手も会話が楽しくなってくる。

・ リアクションが無い、反応が薄い。
  => 気まずい、もう話したくない。

・ リアクションの基本は「共感」「感嘆」「質問」

・ リアクションはオーバーに全身を使って。

・ 芸人さんのリアクションを見て研究し、いろいろと試してみる事。

女に謝る男はモテない?モテる?謝罪の意義を考察

どうも 甲本です。

今回は恋愛における謝罪というものの意義について
考察していきたいと思います。

今、謝罪すべきかどうか悩んでいる。

そんなあなたは参考にしてみてください。

女に謝れない男ってどうなのよ?

「ありがとう」は言えても
「ごめん」とか「すいません」になると
なかなか素直に言えないって人がいますよね。

なぜ謝れないのか?

はっきり言ってしまえば

弱い人間だから

です。

素直に謝ることができないということは
自分の非を認められるだけの精神的な強さがない
ということですからね。

自分が悪いにもかかわらず
それを認めることが出来ない男というのは
女性から見ても男らしくないし
魅力を感じられません。

まずはこれを覚えておきましょう。

謝るなら速攻で!

もし、自分に非があるのであれば
つまらないプライドは捨てて
さっさと謝罪してしまいましょう。

なぜなら、一度謝るのを忘れると
どんどん謝りにくくなってしまうからです。

仮にマイナス10の事をしてしまっても、
すぐに謝れば0に戻せるかもしれません。

もしくは、0までは戻せなくても
マイナス2とかマイナス3とかまでは
戻せるかもしれませんよね。

もちろん、恋愛とは基本的には総合点で勝負するものなので、
「マイナスな事をしてしまったにも関わらず謝らない」という選択をしても、
それ以上に相手にとってプラスな事をしてあげていれば
好感度はプラスで保たれる場合もあります。

しかし、人によっては他にどんなにいい所があったとしても
「ここの部分がダメならもうこの人はダメ」
と判断するタイプの方もいるんですよね。

そういったことを加味して考えると

謝るべき時は即効で!

という結論に至ります。

なので、悪いことをしたと思ったら
すぐに謝ることができれば
女性からは男らしいと思われます。

相手だって早く仲直りしたいと思っているかも

もし彼女や意中の人とケンカしてしまったときには
本当に自分は正しいのか?

と考えてみてください。

そして少しでも非があるのなら
あなたのほうからさっさと謝ってしまいましょう。

ケンカなんてのは気まずいこと
この上ないですからね。

彼女だって心のどこかでは
早く仲直りしたいと思っているかもしれません。

でも感情がそれを邪魔してしまう。

そこであなたのほうから謝り、
和解を申し入れれば
彼女はある種の感動を覚えるかもしれませんよね。

「悪いのは自分も同じなのに」

とか

「心の広い人でよかった」

とか思いながら。

だから実は
ケンカってのは先に謝ったほうが
勝ち
なんです。

そういう意味で。

謝るべき時とそうでない時

先に謝れ、速攻謝れ、とは言いましたが、
もちろん何でもかんでも謝れ
と言ってるわけじゃないですよ。

そこはわかりますよね(笑)

いつもペコペコするのはダメです。

客観的に見て完全に向こうが悪い時は
謝るべきではありません。

そんなことすると
相手はつけ上がるかもしれないし、
弱い男だと認識される可能性もありますからね。

あくまでも謝罪を忘れてはいけないのは
自分が悪い部分です。

例えば

彼女が遅刻してきたので
怒鳴ってしまった。

それが原因でケンカになったとします。

このとき謝るのは当然

「怒鳴ってごめん」

という言葉であって

「こんな早い時間にした俺が悪かった」

などと自分に非がないところを謝るのは
絶対にダメだということです。

(そんな人はさすがにいないかな 苦笑
 たとえが悪くてすいません)

女性が求めているのは
自分を守ってくれる誇り高き侍であって
いっつも腰の低い召使いではありません。

そこんとこは勘違いの無いように。

よくある最悪の謝罪パターン

繰り返しますが女性が求めているのは

強い雄

です。

謝罪をすることによって

「あー、この人は精神的に強い人なんだな」

とか

「器の広い人なんだな」

と思われる場合は迷うことなく謝罪すべきです。

が、

よくあるパターンとして
好きな子からメールやLINEなどの返事がこなくて

「ごめんなさい! 何かおれ怒らせるような事言ったっけ?」

というような内容のものを送るのは最悪です。

完全にパワーバランスとしては
相手が上、あなたが下という構図になってしまい、
ここから逆転するのは非常に難しくなります。

この場合、厳しいことを言うようですが、
返事がこない理由はあなたの発言に問題があったのではなく、
あなたの魅力に問題がある場合がほとんどです。

だからといって卑屈になってもモテるようにはなりませんので、
自分の魅力を磨き直すいい機会と捉え、

まずは

女心に火をつける5つの恋愛刺激

を磨くことや

体を鍛えモテホルモンを分泌する

ことから始めてみてはいかがでしょうか?

まとめとミッション

この記事のまとめ
・恋愛は基本的には総合点で判断される。

・謝ってマイナスが減るならすぐに謝るべき。

・客観的に見て自分に非がない場合には謝るべきではない。

今回のミッション
・今謝るべきかどうか悩んでいるなら友達や家族に客観的な評価を聞いてみる。

・問題の本質が自分の魅力不足なら今この瞬間から努力を始める。

※ 問題を後回しにして良いことは一つもありません。

今すぐに動き始める。それが最も重要な事です。

これがモテる男の前提条件!モテの核心となる5つの大原則

甲本です。

この恋愛ブログでは
いろんな情報をシェアさせてもらっていますが、

今回はモテるための核心について
お話をさせていただきます。

僕がモテるために
必要だと思っている要素が

全部で5つあります。

僕はこれを大原則
呼んでいるんですが

これを身につけると
ホントに怖いものなしです。

まず女性に嫌われる
ということはほとんどなくなります。

女性から見た(というか誰から見ても)
あなたの魅力がグンと上がります。

そしてどんどん魅力的な人間に
なることができます。

それは大原則がいつまでも変わらない

本質ですから

あなたが今何歳だろうと
どんなに年をとろうと
どんな時代になろうと
通用するものです。

(ここが裏技なんかとは違いますね)

あなたの周りに女性が
たくさん集まるようになります。

女性から本当に愛されるようになるには
大原則を身につけることが
必要不可欠なんです。

しかし、おそらくほとんどの人が
そんな回りくどいものを
勉強するよりもテクニックを学んで

手っ取り早くモテたいと
思われていることでしょう。

その気持ちはよーくわかります。

ですが少しの間だけガマンをして
僕の話に耳を傾けてください。

絶対に後悔はさせませんから。

もちろんテクニック的な話も
後々たくさんしていこうと思っていますが

何回も言うように
まずはこれからお伝えする
大原則をしっかりと身につけてください。

あなたが目指しているのは女性に

「もうあなたなしじゃ生きていけない!! 」

「あなたのためならなんだってするわ!! 」

と、それくらい
思わせることができる男ですよね?

僕がお伝えしていくことは
そのための最短ルートです。

いきなりテクニックに走ると
逆に遠回りになってしまうことが
わかっているから
あえて最初にこんな話をしているんですね。
では、さっそく5つの大原則の1つである

“相手の立場に立って考える”

ということについて
解説していきたいと思います。
“相手の立場に立って考える”

「そんなの当たり前のことだろ」

と思われてしまうかもしれませんが

これをいつも意識できている人
というのは正直めったにいないんですね。

特に女性から
すぐ嫌われてしまうタイプの人
というのは

悲しいくらい
この思考法を実践していません。

というか相手のために
何かを考えようとすらしません(苦笑)。

その結果

身勝手な振る舞いをし、
すぐにうぬぼれて、
醜態をさらしてしまいます。

そして、いつのまにか女性たちから
冷ややかな目で見られ
陰口を叩かれるはめになるわけです。
また、何かのきっかけで時々は
こういう思考をしているという人はいますが

常日頃からいつも相手の立場に立って
考えることができている人というのは
ほんのごく一部の人だけです。

たいていの人が
そんなこと考えようともしません。

だからこそ、これができれば
ダントツにモテるようになります。

モテるってことは一人ではできませんよね?
どんなにカッコいいアイドルみたいな男でも

まわりに誰も女性がいなかったら
モテるわけがありません。

当たり前ですね。

モテるという現象は
相手がいて初めて成り立つ
わけです。

なのに、その相手のことを
ほったらかしにして
モテようなんてムリに決まっています。

女性の心をがっちりとつかむためには
相手の気持ちを知る必要があるんですね。

と言っても、別に完全に
相手の心を読め
といっているわけではありませんよ。

そんなことできるわけがないですもん。

どんなにスゴイ心理学者でもムリです。
超能力でもあれば別でしょうが(笑)

僕が言っているのは
どうすれば喜んでくれるのか?

どうすれば楽しんでくれるのか?

どうすればドキドキさせられるのか?

どうすれば安心感を与えられるのか?

どうすると怒らせてしまうのか?

どうすると嫌われてしまうのか?

どんな話は退屈に思われてしまうのか?

どうすれば警戒されずにすむのか?
こういったことを
いつも考える癖を
つけて欲しいということです。

いきなりは難しいですね。

ですが簡単な方法があります。

それは
「相手に心から興味を持つ」
ということです。

「心から」というのが
重要ですね。

これができると
まず自然に相手の情報が
自分の中に入ってきます。

名前(フルネーム)、年齢、出身、
血液型、好きな食べ物
みんなに何と呼ばれているか、
興味があるもの、夢中になっているもの、
将来の夢・・・などなど

少し話しただけでも
ホントにいろんな情報が
飛び込んできます。

もし相手に接するとき
心からの興味を寄せていなかったら

名前すら知ることが
できないかもしれません。

実際、昔まだ僕が今のように
恋愛に対しての理論を
自分の中で確立させていなかった頃

本屋のレジをしていた女の子を
好きになったことがありました。

シャイな性格を
押し殺しがんばって声をかけたはいいが
自分のことばかり話してしまい、

ほとんど相手の情報を得ることもなく
帰ってきてしまったことがありました。

趣味を聞いていれば
それについて調べてきて
次話したときにはもっと会話が
盛り上がったかもしれないのに・・・

ネームプレートを見るだけで
すぐに彼女の名前を
知ることができたはずなのに・・・

何時に仕事が終わるのか聞けば
食事に誘う糸口になったかもしれないのに・・・

いったい何のために
勇気を出して話しかけたのやら(苦笑)
また、僕がこの経験で学んだことが
もう1つあります。

それはしっかりと

女性を観察しなければいけない

ということです。

髪型、服装、化粧、
持ち物、話し方・・・などなど

これらのものには会話や
アプローチをするための
糸口になる情報が溢れています。
それから女性は今
笑っているのか?

退屈そうにしていないか?

楽しそうにしているか?

嫌がってないか?

はしゃいでいるか?

眠そうにしていないか?
そういった今彼女がどういう状態なのか
ということにも気をつけなければいけません。

それによって次の対応が
変わってきますからね。

笑っているのなら
彼女の笑いのポイントが
ひとつわかったわけです。

退屈そうにしているなら
さっさと話題を変えないと
うんざりされてしまいます。

「相手に心から興味を持つ」

そして

「よく観察する」

この二つをやるだけでも
かなりモテる男に近づきますので

このメルマガを読んだだけで
満足せずにぜひ実際にやってみてくださいね。
それからもうお分かりでしょうが

身勝手な男、自己中な男、
独りよがりな男というのは
当然嫌われますから

それを予防するためにも

“相手の立場になって考える”

ということは重要なんですね。

基本的に自分がされて嫌なことは
相手にもやっちゃいけません。

さすがに好きな女性に対して
直接的な嫌がらせをしたり

悪口を言ったりする人は
あまりいないとは思いますが

こんなことしていませんか?

例えば愚痴。

あなたは愚痴を聞かされて
うれしいですか?

例えば自慢。

あなたは自慢ばっかりしてくるやつを
好きになりますか?

例えばいつも同じ話ばかり。

あなたは「昔はこうだったのに、今じゃ……」
みたいな話を

上司や学校の先生などに
ことあるごとに繰り返されたことが
ありませんか?

そしてその人に
うんざりしませんでしたか?

相手の立場になって考えれば
そんなこと絶対にできないだろうということを
平気でやっている人がいますよね?

彼らは女性にモテると思いますか?

答えはNOですよね。
だから逆に自分がしてもらって
うれしいことはどんどんやるべきです。

例えば自分の話を
真剣に聞いてもらえたらうれしいですよね?

それは女性だって同じことです。

ですからあなたも女性の話には
しっかりと耳を傾けてあげてください。

例えば女性からホメられたら
うれしいですよね?

それならあなたも女性を
どんどんホメてあげましょう。

例えばたいしたことはしてないのに
スゴく喜んでくれたりしたら
うれしいですよね?

だれだって相手が喜んでくれる姿を
見るのはとってもいい気分になります。

あなたも女性に
何かしてもらえたときは
少し大げさになってもいいので
喜びを表現してください。

こういったことを考えられるかどうか、
そしてそれを実践できるかどうかが

女性から本当の意味で
モテるようになれるかどうかの
境目なんです。
また、自分が相手から
どう見られているのか
についてもかなり重要です。

たとえあなたが

どんなに性格がよくても

どんなに運動神経が良くても

どんなに面白いことが話せても

女性から見た目が
生理的に受け付けない
とか思われちゃったら

その女性との関係は
そこでもう終わりですから。

せっかくたくさんいいところがあっても
何ひとつアピールできません。

あなただってそうでしょう。

「げっ!? こいつはちょっと勘弁だな」

と思った相手の
いいところを見ようとしますか?

悪いところばかり
目に付いてしまうのではないでしょうか?

“相手の立場に立って考える”

って当たり前のようで
スゴく重要なんですね。

自分が他人から見て
どう映っているのかということを

少しでも意識していたら
生理的に受け付けない
なんて事態にはまずなりませんから。

安心してください。

で、一番ダメなのが

「不潔に見られる」

ということです。

少なくとも
これだけは絶対に避けてください。

女性と会うときは

髪から、ヒゲ、服装、
靴、爪、臭い

にいたるまで
注意を払ってください。

僕の知り合いで
めがねのレンズが汚れていたがために

好きだった女性から
人間性の全てを否定された人
もいますからね。

一度悪いところが目に付いてしまうと
きっとこの人は歯も磨かないんじゃないか

風呂にも入らないんじゃないか

部屋は散らかし放題なんじゃないか

すぐオナラとかするんじゃないか

下品な話ばかりするんじゃないか

   :
   :

とまぁ、ありもしないことを
勝手に想像されて
どんどん嫌われてしまいます。

いいところもたくさんあるのに
悪いところばかり見られてしまい
意図的に避けられてしまうようになる。

そうなったらもう
ゲームオーバーですね。

残念ながら。

そこから良好な関係を築こう
と思ったらそれこそ死ぬ気で
がんばらないとムリです。

そうならないためにも

「自分がどう見られているのか」

ということに
少し注意してみてくださいね。

欲を言えば自分が相手にとって
どういう存在なのか

というところまで考えて欲しいんですが

いきなりいろいろ詰め込んでも
処理できないと思うんで

その話はまた今度したいと思います。

まず不潔に見られない
ということだけは
注意しといてくださいね。

★<今回のまとめ>

・ モテるためには5つの大原則がある

・ 今回勉強したのは大原則の一つ目
  “相手の立場に立って考える”

・ 相手に心から興味を持つことが重要

・ 相手をしっかりと観察すればいろんな情報が入ってくる

・ 自分がされて嫌なことはしない、
  逆にしてもらってうれしいことはどんどんやる

・ 自分が女性から見てどう映っているのか意識する

ちょっと長くなってしまいましたね(苦笑)。

なるべくわかりやすくて
読みやすい文章を心がけてはいるのですが

お伝えしたいことが
多すぎてどうしても長くなってしまいます。

しかし、大原則を身につければ
必ず一回りも二回りも
上のレベルのモテる男になることができます。

本気でモテたいのなら
どうかこの大原則の部分は
気合を入れて読んで頂けたらなと思います。

モテるための5つの大原則 その2