お客様意識を捨てろ。


甲本です。

最近ちょっとインフルエンザにかかってみたところ
激しい頭痛、悪寒、高熱、倦怠感などに襲われまして、

「あー、こりゃヤバいな」

と思った次第なわけですが、
そんな中でこんなLINEのやり取りをしました。

ある女の子:「久しぶりー!」

甲本:「おう!久しぶりー(^^) 元気かー?
    おれは今インフルエンザでダウンしてる…」

ある女の子:「あらま…」

以上です。

あなたならこの「あらま…」という返信に
どう切り返すでしょうか?

ちょっと考えてみてください。

僕はというと・・・

何も返信しませんでした。

正直に言うと、面倒くさかったからです。

体調が悪く頭が回らなかったというのもあるんですが、
この「ある女の子」は毎回こういったパターンだからです。

というのは、この子はおそらく
僕に気があるであろうことは
すでにわかっているんですが、

非常に短文での返事が多く
自分から話題を提供しようとは
しないタイプなんですよね。

だから、ブツブツ会話が途切れる。
返信に困る。

別に彼女を避難するわけじゃないんですが、
おそらく「お客様意識」が強いんじゃないかと思います。

「さぁ、わたしは勇気を出してメッセージを送ったんだから、
 後はあなたが楽しまてちょうだい」

的な(笑)

まぁ、もちろんね、外見の綺麗な女性は
これでもいいのかもしれません。

事実、この子は結構綺麗な方だと思います。

だからこれまでにもこのスタンスで
何人もの男からチヤホヤされてきたのでしょう。

でも、モテるという観点から見れば
これは大きなマイナスでしかありません。

モテたいと思う全ての人は

“お客様意識を捨てるべき”

です。

会話の時は自分から積極的に話題を場に提供する。

デートの時には事前に下調べをしたり、
行き先のアイデアを出したりする。

そういった相手を楽しませる配慮が大切です。

「サービスを受ける側からサービスを提供する側に回る」

そうでなければ人から求められるような人にはなれません。

価値ある人間と周りから思われることもないでしょう。

ぜひ人を楽しませられる人間。

人に与えられる人間になってください。

それがモテへの近道です。

ではでは

今回はこの辺で。

ありがとうございました!

甲本

無料eBook|恋愛論

あなたは

「どうやったら可愛い彼女ができるかわからない」

「どうやったらモテるようになるかわからない」

と悩んでいませんか?

この『恋愛論』の中では彼女を作るために必要な理論、戦略、戦術、テクニックの全てを詰め込みました。

<内容の一部>
◆モテの5大原則
◆モテの基本ルール
◆女性が無意識に抱く6つの心理的障壁
◆最強の恋愛戦術QUEST(クエスト)
◆彼女をあなたから離れられなくする方法

などなど、

一読していただければ、恋愛という不確かで形の無いものが、ここまで論理立てて解明できるものなのか・・・と驚かれる事と思います。

さぁ、『恋愛論』をダウンロードして「モテる」という新たな境地の扉を開いてください。
メールアドレス

LINEで特典を受け取りたい方は以下から友達追加を行ってください。

友だち追加

▼QRコードを表示する

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)