ステータスを手に入れろ!


ども 甲本です。

世の中には

ブサイクでもモテる!
お金がなくてもOK!
太ってても大丈夫!

ということを謳っている
恋愛マニュアルが数多くありますよね。

今回はそこんとこに
僕なりの意見を言わせてもらいたいと思います。

ブサイクとは漢字で書くと
不細工です。

これは容姿や見た目が醜い様子を指す言葉です。

つまり、

ブサイクでもモテる!

というのは言い換えれば

「容姿が醜くてもモテる!」

ということです。

まぁ、それが現実に可能なのであれば、
そのマニュアルは非常に価値の高いものだと思いますが、

少なくとも僕の周りには
本当に不細工なのにモテている奴は
1人もいません。

これまでにモテる男をたくさん見てきましたが、
やはりみんな外見には気を使っています。

清潔感のある格好をし、
ヘアースタイルや眉毛も整っています。

見た目という要素は
ある程度までは努力で何とか出来る部分なので、
「自分は不細工だから~」と言い訳している人は
ただ単に努力を怠っているだけだと思います。

ちょっと考えてみて欲しいんですが

容姿に気を使っている人と
不細工と

どっちと仲良くなりたいですか?

彼氏、彼女にするならどっちですか?

お金にしたってそうです。

経済力というのは無いよりあった方が
絶対に有利です。

あなたも知っての通り
お金には強いパワーがあります。

例えば、あなたの銀行の残高が1億円あったら、
財布の中に現金で100万円入っていたら、
何かそれだけでモテそうな気がしてきませんか?(笑)

だったら、ビジネスや投資を学んで
お金を得るべきです。

体型も同じです。

太っているよりは体が引き締まっている方が
モテる確率は格段に高くなります。

もちろん、世の中には太っている人がタイプという方も
いらっしゃいます。

でも、母数としてはそんなに多くないですよね。

だったら、体を鍛えて格闘家みたいなボディを
手に入れるべきです。

ルックス
経済力
体型

こういったものは一種のステータスです。

別にステータスだけに囚われた
生き方をして欲しいとは思いませんが、

ステータスは低いより高いほうが
恋愛でも有利だということは
言うまでもありません。

そして、ステータスは努力で手に入るんです。

だったらですよ、

不細工で、お金もなくて、デブでもモテる方法を
探し求めるのと

容姿を改善し、お金を稼ぎ、体を鍛えるのと
どっちが健全ですか?って話です。

僕は後者をオススメしたいです。

だって、不細工なままでいるのは嫌でしょ?
貧乏生活なんかしたくないでしょ?
腹筋とか割れてた方がかっこよく見えるでしょ?

どうせなら欲張って全部手に入れてみたいと
僕なんかは思ってしまうわけです。

1度きりの人生だし。

また、一流のアスリートなんかは
試合で勝つための確率を1%でも高めるために
常に努力しているし、あらゆる可能性を模索しています。

だから、ただがむしゃらに練習するだけでなく
練習環境にもこだわるし、
シューズやウェアにもこだわるし、
使っている言葉にまで気をつけています。

これはどこの世界でも同じだと思います。

圧倒的にモテるようになりたいのであれば、
男としての格を高めたいのであれば、
妥協せずにあらゆる努力を行なっていきましょう。

小さな一歩の積み重ねが
いずれ別世界の扉を開いてくれると思いますよ。

以上、雑記でした。

甲本

無料eBook|恋愛論

あなたは

「どうやったら可愛い彼女ができるかわからない」

「どうやったらモテるようになるかわからない」

と悩んでいませんか?

この『恋愛論』の中では彼女を作るために必要な理論、戦略、戦術、テクニックの全てを詰め込みました。

<内容の一部>
◆モテの5大原則
◆モテの基本ルール
◆女性が無意識に抱く6つの心理的障壁
◆最強の恋愛戦術QUEST(クエスト)
◆彼女をあなたから離れられなくする方法

などなど、

一読していただければ、恋愛という不確かで形の無いものが、ここまで論理立てて解明できるものなのか・・・と驚かれる事と思います。

さぁ、『恋愛論』をダウンロードして「モテる」という新たな境地の扉を開いてください。
メールアドレス

LINEで特典を受け取りたい方は以下から友達追加を行ってください。

友だち追加

▼QRコードを表示する

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)