メアド交換までいった女性をデートに誘いたい


<これは以前あった僕とある大学生とのメールのやり取りを一部抜粋したものです>

●相談内容

初めまして、大学3回生の男です。

お忙しいとは思うのですが、
相談に乗って頂けませんか?

僕には、今、気になる女の子がいます。

その子は歳も同じで、学部も一緒です。

去年までは高嶺の花で、
あいさつ程度しかしなかったのですが、

今年からゼミが同じになり、
顔を合わせる機会も増えたんです。

で、前々からアドレスを聞きたいと思っていたので、
思い切ってききました!

そうしたら普通に教えてくれたんです!!!

でも、ここから、どうアプローチすればいいかわからないんです笑

今まで告白もしたことないし、
一緒に夏休みに祭りに行きたいなーとは
思ってはいるんですけど・・・

こんな僕に是非アドバイスをしてくださいませんか?

よろしくお願いします!!!

●返信内容(一部抜粋)

おはようございます 甲本です。

メールありがとうございます!

> > お忙しいとは思うのですが、
> > 相談に乗って頂けませんか?
> >
> > 僕には、今、気になる女の子がいます。
> >
> > その子は歳も同じで、学部も一緒です。
> >
> > 去年までは高嶺の花で、
> > あいさつ程度しかしなかったのですが、
> >
> > 今年からゼミが同じになり、
> > 顔を合わせる機会も増えたんです。
> >
> > で、前々からアドレスを聞きたいと思っていたので、
> > 思い切ってききました!
> >
> > そうしたら普通に教えてくれたんです!!!
> >
> > でも、ここから、どうアプローチすればいいかわからないんです笑
> >
> > 今まで告白もしたことないし、
> > 一緒に夏休みに祭りに行きたいなーとは
> > 思ってはいるんですけど・・・
> >
> > こんな僕に是非アドバイスをしてくださいませんか?
> >
> > よろしくお願いします!!!

いやいや、僕も昔は恋愛に関して
超がつくヘタレでしたんで
全然大丈夫ですよ!

それに僕にメールしてきただけでも
かなり度胸があると思います。

ふつう恋の悩みを見ず知らずの人に話すのは
勇気のいることですからね。

(自分で送れって言っておいておかしな話ですが 笑)

あなたのその思いに答えるべく僕も真剣にお答えします。

といっても別に難しい話をするつもりはないんで
肩の力を抜いて気楽に読んでもらえればなと思います。

いつも通り長いんで文章読むのが苦手な場合は
覚悟してくださいね(苦笑)。

えーとっ、相談の内容をまとめると

1.これからどうアプローチしていけばいいのか知りたい。
2.気になる彼女と一緒に夏休みに祭りに行きたい。

でよろしいでしょうか?

メールなのでよろしいってことで
勝手に話を進めていきます(笑)。

不満なときにはまたメールしてきてください。

ではまず
1.これからどうアプローチしていけばいいのか知りたい。
についてからいきましょう。

すでに彼女のメールアドレスがわかっているんですよね。
だったらかなり希望が持てます。

メールアドレスはどうやって聞いたんですかね?
もしふつうに「メアド教えて」って言って
簡単に教えてもらえたんならだいぶいい感じですよ。

でメールのいいところは
24時間いつでも送れるってとこです。

つまり24時間いつでも
彼女にアプローチできるわけですよ。

まぁ僕のメルマガみたいに
夜中とか朝早くとかに送っても
返事は返ってきませんが(笑)。

それでも送ることは出来る。

起きてからメールを見て返信してくれますからね。
メールは恋愛において心強い味方です。

週に2~3回くらいでいいんで
何かと理由をつけて彼女にメールしてください。

毎日はダメですよ。
うざがられますんで。

それから1日の初めに会った時に
必ずあいさつをしましょう。

それも必ずあなたから先にしてください。

そうすることで
「僕はあなたのことを軽んじてはいませんよ」
「あなたに関心がありますよ」


無意識のうちにアピールできますから。

あいさつはホントに大事です。
人間関係の基本中の基本ですからね。

あいさつも出来ない男は絶対にモテませんから。

これだけでもするのとしないのとでは
だいぶ違いますよ。

あと、あいさつするときは
相手の名前を呼ぶのも忘れずに。

「おっ ○○ちゃん。おはよう!」

みたいな感じで。

名前を呼ぶのも重要です。

もしまだ何と呼べばいいのかわからなければ
とりあえず苗字にさんづけでいいと思います。

こんな感じでとにかく何でもいいので
何かしらのコンタクトを彼女と取り続けてください。

心理学には「単純接触の原理」というものがあって
人は何回も会ったり、話したり、メールしたり
することでどんどんその人のことを好きになる傾向が
ありますので。

物の貸し借りもいい手段ですね。

彼女と音楽の話をしたあと
「何かいいCDがあったら貸してくれない?」
って頼むとか
逆にこっちが貸すとか

物の貸し借りをすれば必然的に
返すときが来るわけで
簡単につぎの接触がはかれるんですね。

そして、何より物を貸せば恩を売れるし
それがいいものであればよろこんでもらえる。

逆に物を借りたのであれば
お礼ができるわけですよ。

お礼っていいですね。

食事とかに誘う場合にも
いい口実になるわけです。

この前のお礼に今度何かおごるよって言えば
いいだけですから。

それで自然に誘えちゃうんですよ。

こうやってもうどんなに些細なことでもいいですので
彼女と接触をはかる。

これが重要です。

ただし、焦りは禁物ですよ。
徐々に徐々に仲を深めていって
まずは彼女との信頼関係を築きましょう。

次のステップに進むのはその後です。

で、アプローチをするうえで一番重要なことがあります。

それは

“とにかく彼女との時間をめいいっぱい楽しむ”

ってことです。

好きになると緊張して余計なボロを出しがちです。

できるだけ肩の力を抜いて自然なあなたを
彼女に見せてあげてください。

そして、どんどん楽しんじゃってください!

何度も言いますがこれがホント重要です。

あなたが楽しんでいれば
彼女だって楽しいんですよ。

いつも楽しそうに笑っている人と一緒にいると
あなただって楽しいですよね?

それと同じです。

笑わせなきゃとか細かい気遣いをしてあげなきゃとかは
特に思わなくていいです。

(自然にできればそれに越したことはありませんが)

そんなことよりもあなたが楽しむ、
まずはこれだけ考えましょう。

へんに気を張ってても仕方ないですからね。

★<ここまでのまとめ>
・ 週に2~3回ぐらいメールをする。
(毎日メールするのはダメ。単純にうざいから)

・ 自分から先にあいさつをする。

・ 相手の名前を呼ぶ。

・ 物の貸し借りをする。

・ とにかく彼女と何かしらのコンタクトを取り続ける。
(単純接触の原理に基づいている)

・ 焦りは禁物。徐々に仲を深めていく。

・ 何より一番重要なのはあなた自身が彼女との時間を
めいいっぱい楽しむこと!
(楽しまなきゃソンですよ)

それでは続いて
2.一緒に夏休みに祭りに行きたい。
けどどうすればいいのか?
について解説します。

えー、まずはさっき言ったとおり彼女との信頼関係を
先決させてください。

でないと誘えませんから。

で、本題です。
ひとつ誘うためのテクニックを伝授しましょう!

その名も 「伏線テクニック」 です。

これを使えば
祭りだろうが食事だろうがデートだろうが
いとも簡単に誘えちゃいますから。

そしてとっても簡単です。

伏線テクニックというくらいですから
誘う前に当然伏線を張っておくわけです。

たとえば
祭りに誘う場合なら
祭りに誘う前に彼女と祭りの話をしておくんです。

「いやー、今日も暑いねぇ」
「もう夏だなぁ」
「夏といえばおれ祭りとかすごく好きなんだよね」
「○○ちゃんはどう? 祭りとかって好き?」

みたいな感じで祭りの話題を振ります。

そしてできるだけその話を盛り上げましょう。

「出店がたくさん並んでいるの見るとすごくわくわくするよね」
とか
「女の子って祭りのときは浴衣とか着てくるよね」
「あれはかなりテンション上がるなぁ」
とか

まぁそんな感じでとにかく話を盛り上げる。

ここでも大切なのは
あなたがその会話を楽しむということですよ。

で、ひとまずそのときは誘わないで
いったん流します。

またしばらくしてから
祭りの話題で彼女と話しましょう。

そうですね、会話の盛り上がり方にもよりますが
だいたい3回目くらいにその会話の流れで
誘うのがいいと思います。

3回目の祭りの話題の後に
「今度どこそこで○○祭りがあるらしいよ」
「楽しそうだし一緒に行ってみようよ」
ってな感じで誘うといいと思いますよ。

その前に祭りの会話で
さんざん盛り上がってるわけですからね。

よほどのことがない限り
断られることはないでしょう。

僕はこの方法で失敗したことはありませんから。

ぜひお試しあれ。

★<誘うための方法のまとめ>
・ まずはある程度信頼関係を築いていることが前提。

・ 伏線テクニックを使う。
1. 誘いたいものについての話題を彼女に振る
2. その会話をできるだけ盛り上げる
(別に気張らなくてもあなたが楽しそうに話せばそれでいいです。
本当に行きたければ自然と楽しくなってきますのでご安心を)
3. 3回目で誘う

他にもまだまだたくさんしゃべりたいんですが
あんまり長くなりすぎても消化不良になりそうですし

これくらいにしときます。

今回の内容だけでもきちんと実践してもらえれば
相当効果があると思いますのでぜひやってみてくださいね。

このメールが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

ではでは

あなたからうれしい結果報告が来るのを
心待ちにしていますね。

また何かありましたら遠慮なくメールしてきてください。
あと応援のメールも大歓迎です(笑)。

ありがとうございました!

甲本

———- ここまで↑ ———-

これは僕が恋愛相談を始めてからまだ間もない頃に
受けた相談を一部抜粋したものです。

あなたもこれを読んで僕に恋愛相談をしたくなっちゃったなら
こちらから受け付けています。

恋愛相談はこちらから

お返事はあまり早くないですが
そこだけあらかじめご了承くださいませ。

また、みんなで共有するべき価値の高い相談については
ブログに載せたいと思っています。

もし、匿名だろうと絶対に載せて欲しくない!って場合は
相談するときにその旨をお伝え下さい。

ではでは

しっかり勉強もして、
恋愛をとことん楽しんでいっちゃいましょう!

今回も最後までお付き合い頂き
ありがとうございました。

甲本

無料eBook|恋愛論

あなたは

「どうやったら可愛い彼女ができるかわからない」

「どうやったらモテるようになるかわからない」

と悩んでいませんか?

この『恋愛論』の中では彼女を作るために必要な理論、戦略、戦術、テクニックの全てを詰め込みました。

<内容の一部>
◆モテの5大原則
◆モテの基本ルール
◆女性が無意識に抱く6つの心理的障壁
◆最強の恋愛戦術QUEST(クエスト)
◆彼女をあなたから離れられなくする方法

などなど、

一読していただければ、恋愛という不確かで形の無いものが、ここまで論理立てて解明できるものなのか・・・と驚かれる事と思います。

さぁ、『恋愛論』をダウンロードして「モテる」という新たな境地の扉を開いてください。
メールアドレス

LINEで特典を受け取りたい方は以下から友達追加を行ってください。

友だち追加

▼QRコードを表示する

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)