モテない奴の誘い方


女性を食事やデートに誘う手順って
ちゃんとわかってますか?

あなたは誘うときにいつもまず何て言ってます?

まさかとは思いますが

「来週ヒマある?」

なーんて聞いてないでしょうね?

これは実は間違った誘い方なんですよ。

その理由は以下の相談者と
僕とのやり取りで明らかになります。

これから女性をデートに誘う予定のある人は
読んどいて損はないですよ。

———– ここから↓ ————–

> > 甲本様。
> > いつもアドバイス本当にありがとうございます。
> >
> >
> > 今日もまた相談で申し訳ないのですが。。。
> > 先日の続きです。
> >
> > 憶測に意味はないとゆうアドバイスに、
> > 僕もくよくよ考えても仕方ないと思い、
> > 先日のアドバイスの後すぐにメールしました。
> >
> > 僕のメールの聞き方が悪かったのか、「8月で空いている日ある?」
> > みたいなメールをしたところ、「8月は土日休みないんだよねー」と
> > 返信がありました。
> >
> > 僕の感触としては、会うのが嫌で断っている訳ではなく、
> > 本当に仕事で断った感じがします。
> >
> > そこですぐ「じゃあ9月はいつならいい?」と聞けず。
> > 話題を変えてしまいました。
> >
> > それで、そろそろまた誕生日会と称して会う約束をしたいのですが、
> > とゆうのが今日の相談です。
> >
> > 普通に「9月、いつくらいにしよっか?」と
> > メールしていいものかと思いまして。
> >
> > あまり頻繁に誘ってもいいのかと思いまして。
> >
> > まあ、色々考えても、「憶測しても意味はない」とわかってはいても。。。
> > また断られたら、後がないとか、つい憶測してしまい。。。
> > あげく甲本さんに、また相談してしまいました。
> >
> > なんかよい誘い方ってあるのでしょうか?
> >
> > よろしくお願いします。
> >

どうも、甲本です。

もう誘い方については
十分お話したと思いますし
そもそも今は誘い方がどうのというよりは
さっさと誘ったほうがいいと思います。

彼女の誕生日はもう過ぎてるんだから
早くしないと・・・(苦笑)。

それに別に断られてもいいじゃないですか。

もう話したかもしれませんが僕は今の彼女と
付き合う前にアプローチをしていたとき
3回誘って1回来てくれたらいいかな
ぐらいの感じで誘ってましたよ。

断られてもそれで彼女との関係が
全て終わるわけじゃないですからね。

もうちょっと気楽にいきましょう。

誘ったら断られるかも・・・
誘ったら会えるかも・・・

どっちも”かも”なら
やってみたほうがいいでしょ?

じゃないと何にもわかんないですから。

で、ダメだったらいったん引いてまた誘えばいいんですよ。

それくらい気軽に誘ってください。
それで全然大丈夫です。

もちろん相手に対する気づかいは必要です。

だから

「もし迷惑じゃなかったら○○ちゃんの誕生会を開きたいと
思ってんだけどどうかな?

仕事とか忙しいなら全然断ってくれていいから」

って感じで聞いてみることが必要です。

あくまでも来るか来ないかは相手の意思に任せる。

こちらは提案するだけです。

僕のメルマガだって読みたい人だけ読んでくれって
テイストでいつも書いてますよね。

「読んでくれたらこんないいことがあるよー」とは言ってますが
「さぁ読め!」「早く登録しろ!」
「これを読まないなんておまえバカじゃないのか?」
なんてことは言ってないんですよ。

相手の意思を無視してしまっては
ウザいと思われてしまいますからね。

「8月で空いている日ある?」
って聞いてしまったら
相手は「ある」と答えたら行かなきゃいけないと思いますよね?

いきなりそれはダメなんですよ。

まず「誕生日会なんかどう?」と提案する。

そしてOKが出て初めて

「じゃあいつにしよっか?」
「8月で空いている日ある?」

と持っていくわけです。

そこんところは勘違いしないでくださいね。
重要なポイントです。

これを忘れて(というか意識もせずに)
誘うからみんな女性からウザがられるんですよ。

モテない奴は、いきなり「何日はヒマ?」と聞いてしまってます。

そしてダメなら「じゃあいつならいいの?」とか
聞いちゃうんですね。

これが女性からしてみたらウザいんですよ。

まずは魅力的だと思われるオファーを出す。
そして、承諾してもらったら続いて日取りを決める。

これが正しい誘い方だと思います。

なんかビジネスマンみたいですが(笑)
まぁ実際、恋愛にはそんな面があります。

アプローチというのは相手のニーズをふまえながら
自分という商品を売り込んでいく作業
ですからね。

訪問販売がウザいのは
「買ってくれ!」
「買ってくれ!」
「買ってくれ!」
というスタンスで来るからです。

「いやこっちは興味ねーから」と
思いますよね。

まぁ彼らにしてもノルマを達成しなければいけないんで
必死なんだとは思いますが(苦笑)。

僕はあれでそんなに売り上げが上がるとは思えないですね。
上手い人がやれば別なのかもしれませんが。

なんか話がそれてきたので戻しますが

余計なことは考えずに
さっさと魅力的であろうオファーを
出して(誘って)ください。

それでダメならまた別の魅力的なオファーを考えて出す。

この繰り返しですね。

何か参考になれば幸いです。

ではでは
また何かあればメールしてくださいね。

ありがとうございました!

甲本

———– ここまで↑ ————–

ホントに上に挙げたような
間違った誘い方をする人は多いですからね。

そして、僕も時々そういう誘われ方をします(苦笑)。

あなたの周りにもいるんじゃないでしょうか?

すでに結構仲のいい間柄なら
そう問題はないのかもしれませんが
まだそうでもないと正直、なんだかなぁですよね。

「ヒマじゃねぇし・・・」

ってついヒマでも言いたくなっちゃいます(苦笑)。

あなたも女性を誘うときは気をつけてくださいね。

それでは、
ここまで読んでくれてありがとうございました!

甲本

無料eBook|恋愛論

あなたは

「どうやったら可愛い彼女ができるかわからない」

「どうやったらモテるようになるかわからない」

と悩んでいませんか?

この『恋愛論』の中では彼女を作るために必要な理論、戦略、戦術、テクニックの全てを詰め込みました。

<内容の一部>
◆モテの5大原則
◆モテの基本ルール
◆女性が無意識に抱く6つの心理的障壁
◆最強の恋愛戦術QUEST(クエスト)
◆彼女をあなたから離れられなくする方法

などなど、

一読していただければ、恋愛という不確かで形の無いものが、ここまで論理立てて解明できるものなのか・・・と驚かれる事と思います。

さぁ、『恋愛論』をダウンロードして「モテる」という新たな境地の扉を開いてください。
メールアドレス

LINEで特典を受け取りたい方は以下から友達追加を行ってください。

友だち追加

▼QRコードを表示する

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)