出会い系は2つの戦略で効率よく攻略せよ。


どうも 甲本です。

出会い系サイトやマッチングアプリを使って
実際に出会いにつなげるための戦略とちょっとしたコツを
これからお伝えしたいと思います。

◆出会いを量産させる2つの戦略

出会い系サイトやマッチングアプリにおける戦略というのは

簡単に言えば、

「攻める」「待つ」

ですね。

攻めの戦略

「攻める」というのはこちらから女性に
メールなどを次々に送っていく手法のことです。

これはそれなりに労力が必要になってきますが
数を打てば遅かれ早かれ当たるので

結果が出るのが早いというメリットはあります。

まぁ、ただ、有料のサイトを使っていると
ポイント制などではメール1通につきいくら
という感じで課金されますので

資金もそれなりに必要になってきます。

また、攻める場合は当然ライバルも
めちゃくちゃ多いです。

ふつう、女性は出会い系に登録すると
1日に100通とかいう規模でメールが来るらしいです。

僕も実際に出会い系で出会った女性に
その辺のことを聞いてみたりしたんですが
100通までとはいかないまでも
結構頻繁にメールが来るとは言っていました。

(この辺が地方と都市との違いですね)

そして、ほとんどは読まずに削除するとも
言っていました。

そういった事情から、「攻める」戦略は
僕は少し上級者向けの方法だと思っています。
 

待ちの戦略

次に「待つ」という戦略ですが、
これは出会い系で言えば

「掲示板に書き込んでメールが来るのを待つ」

というスタイルになります。

この「待つ」という戦略を取る場合には
労力はほとんどかかりません。

基本的には1度書き込んだら
それで終わりです。

その代わり、出会いをものにするまでに
時間がかかります。

どのくらいの時間がかかるかは住んでいる地域や
タイミングや運にもよると思います。

僕は1度書き込んだらその日のうちに
4人の女性からメールが来たこともあったし

逆に2ヵ月後くらいに2人くらいの女性から
急にメールが来たこともありました。

という感じなので、

どちらの戦略も一長一短はあると思います。

出会い系を本気で攻略しようと思ったら
2つの戦略を自分なりのバランスを見つけて
実行に移すことが重要な視点となってきますね。

 

◆出会いを成功させるコツ

で、せっかくなので「攻める」戦略を取るときにも
「待つ」戦略を取るときにも

共通して使える出会いのコツを
ここで1つお話しておきたいと思います。

ある要素を入れるだけで
前にも述べた「親近感」というものを
グッと引き立てることができます。

何だと思いますか?

たぶんあなたも普段何気なく
使っているものだと思いますが・・・

答えは

「方言」

です。

これはしかも、出会いの作りにくい地方であればあるほど
有効かもしれませんね。

方言というのはもはやその土地に住んでいる人の
文化そのものです。

だから、

「気になったら気軽にメールしてください!」

と書くよりも

「気になったら気軽にメールしてくんしゃい!」

とか

「気になったら気軽にメールしてばい!」

と書く方が九州地方では
出会える確率が高くなると思います。

非常に簡単なポイントなので
ぜひ押さえておいてください。
 

◆まとめ

・ネットでの出会いにおける2つの戦略
→ 「攻め」と「待ち」

・「攻め」:こちらからメールを打ちまくる

・「待ち」:掲示板などに書き込んで釣れるのを待つ

・「攻め」でも「待ち」でも使える親近感を出すちょっとしたコツ
→ “方言”を使うこと

 

無料eBook|恋愛論

あなたは

「どうやったら可愛い彼女ができるかわからない」

「どうやったらモテるようになるかわからない」

と悩んでいませんか?

この『恋愛論』の中では彼女を作るために必要な理論、戦略、戦術、テクニックの全てを詰め込みました。

<内容の一部>
◆モテの5大原則
◆モテの基本ルール
◆女性が無意識に抱く6つの心理的障壁
◆最強の恋愛戦術QUEST(クエスト)
◆彼女をあなたから離れられなくする方法

などなど、

一読していただければ、恋愛という不確かで形の無いものが、ここまで論理立てて解明できるものなのか・・・と驚かれる事と思います。

さぁ、『恋愛論』をダウンロードして「モテる」という新たな境地の扉を開いてください。
メールアドレス

LINEで特典を受け取りたい方は以下から友達追加を行ってください。

友だち追加

▼QRコードを表示する

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)