男と女の一線を越えたいなら・・・


<基本ルール“最低ラインだけは超えておけ”>

世の中には

どんなに効果的なテクニックを使うことができても
どんなに高度な人間心理を理解できても

悲しいことに女性から
恋愛対象としてみられることのない人が存在します。

もちろんそれはブサイクでも
シャイでも
お金がない人でもありません。

相手の女性にとっての

“最低ラインを超えることができなかった人”

です。

最低ライン。

これは恐らく
誰にでもあるものでしょう。

女性に限ったことじゃなくて
男にもあるはずです。

もちろん僕にもありますし、
あなたにもたぶんあるでしょう。

もし、あなたがお釈迦様クラスの
広い心をお持ちであれば別ですけど(笑)。

残念ながら僕はまだ
その神の領域までは達しきれていませんね(笑)。

いやー、でもぶっちゃけ誰にでも
「あれはないな」って基準があるでしょ。

それのことですよ。
最低ラインってのは。

この最低ラインを
超えることができなければ

たとえどんなにイケメンで、
活力に溢れ、お金持ちの男でも

女性から恋愛対象として
受け入れられないことがあるんですよ。

そんなわけあるかー
と思われるかもしれませんが

もし、この男が

「人の話をまったく聞かない男」

だったら?

そして、それが相手の女性の最低ラインを
満たすことができていなかったら?

イケメンだろうと無駄です。

自慢話ばっかする奴だったら
せっかくの活力が逆効果になるかもしれません。

女性からしてみれば
「この人ひたすら自慢話しかしないんだなぁ・・・」
みたいなね(苦笑)。

それにお金をいくら積んでも
愛は買えませんから。

もちろん、イケメンで、活力に溢れ、お金持ちだったら
多くの女性を落とせるでしょう。

でも、「人の話をまったく聞かない」
という欠点を抱えている限りは

絶対に落とすことのできない
女性がいる
ことは確かです。

最低ラインにも人によって
様々な基準があります。

条件が厳しい人もいれば緩い人もいる。

それは外見とは関係ありません。

美人だからといって
彼氏にする男の基準が高いかといえば
そうとは言い切れないし

こいつならあっさり落とせるだろうと思っていた女の子でも
思いの他、門前払いされてしまった・・・

なーんてこともあります(笑)

よく言われるのが
恋愛は総合点で勝負だということです。

僕はこれが間違っているとは思いませんし
全くそのとおりだなぁと思います。

外見に自信がない男でも
男らしさに自信があればOKですし

どんなにお金がなくても
彼女をいつも笑わせることができていればOKです。

ただ、それは最低ラインを
満たした上での話
なんです。

どんなに他がよくても
たった一つの項目が彼女の最低ラインを
大きく下回ってしまっていたら、
恋愛対象としては決して見られない。

これが現実です。

自分に当てはめて考えてみてください。

あなたはどんなに性格がよくて
オシャレで明るい女性だったとしても

「このコとのエッチはちょっと想像できないな・・・」

思ってしまう女性と付き合えますか?

・・・・・・

さぁ、自分の心に正直に(笑)。

おそらく9割9分9厘の人が
NOと答えるでしょう。

もちろんエッチはありえないな
と思う原因はいろいろでしょう。

外見だけに限ったことではないと思います。

でも、そのラインを超えないことには
付き合えないのは確かですよね。

つまり、根本的にどんなにがんばってアプローチしても
無理な場合が世の中には存在するんですよ。

友達止まりでいつも終わる人というのは
女性から見て致命的な欠点を抱えている場合があります。

まずはそれを取り除かないことには
どんなにアプローチしても
何回告白しても相当厳しいってことです。

たまーにその熱意に負けて
付き合ってくれる女性もいますが
欠点を直さない限りは長続きはしないでしょう。

まずは自分がモテない理由を分析してみてください。

僕は基本的に欠点なんか気にしないで
自分の長所をバンバン伸ばせ、

その方がはるかに早く自信がつくし
楽しいじゃないか、

という考えの人間なんですが
最低ラインを大きく下回っている場合は別です。

せめて最低ラインを
ちょっと上回るくらいまでは
引き上げてやらないと
どうしようもないですから。

相手の女性が思う最低ラインを
大きく下回っているというのは

いわば、付き合えない男の条件に
バッチリ当てはまっているということです。

そうなると他の部分がどんなに優れていても女性には
それが見えないんです。

で、一般的に女性から受け入れられない男
というのはこんな感じです。

 がっつき過ぎの男
 ブサイクすぎる男
 不潔な男
 女の悪口を言う男
 女々しい男

まぁ、挙げればキリがないんですが
この5つは特にマズイですね。

まず、がっつき過ぎの男

がっついている様というのは
必ず女性にバレます。

そして、余裕の無さ過ぎる男というのは見てて
見苦しいそうです(苦笑)。

女性が求めているのは頼れるナイトだと
僕は何度もこのメルマガで言ってきました。

余裕の無い男は
頼れるナイトには見えませんよね。

次に、ブサイクすぎる男についてですが
これは物理的な問題なので一番克服しやすいです。

髪型を変えてみたり
おしゃれしてみたり
清潔感を出したりすれば
必ず最低ラインはクリアできますから。

髪型を変えるだけでも
印象はガラッと変わりますしね。

あー、それからもし髪型を変えるつもりなら
服を買いに行く前に変えてください。

じゃないと、ファッションというのは
髪型も込みですから

その時は似合っていても髪形変えたら
何か似合わなくなっちゃったよ・・・

っていう悲しい事態に陥りますから。

不潔というのは、
もう誰に聞いても論外って言いますね。

一発で圏外です。

ファッションと一緒に
これも注意しておいてください。

女の悪口を言う男

これは見落としがちな人が
多いような気がしますね。

男と違って基本的に女の子は
女の子が好きです。

かなりの女性が同姓を援護します。
いやこれホントに!

僕の女友達数人に聞いても
「あたしかわいい女のコ大好きなの♪」
ってよく言います。

中には写真集まで持ってるコもいるくらいです。

だから例えば

「この前コンビニの店員に
 すっげーブスな女がいてさぁ。
 これがトロくてマジでイライラしたよ」

なんてことを言っちゃうともうアウトですね。

たとえそれが正論だったとしても
「はぁ? あんた何様!?」
って思われますから。

悪口は禁物です。

あっ、ちなみに悪口はNGですが
辛口は大丈夫だったりします(笑)。

僕のメルマガはかなり辛口に書いているときがありますが
それでも女性の読者が意外といるみたいなんで。

「悪口」と「辛口」の違いは
根底に悪意があるかないか
です。

で、最後は女々しい男です。

要はいくじなしのことですね。(←さっそく辛口 笑)
弱さを出そうとしている男です。

弱さをあえてさらけ出すっていうのであれば
それは男らしい行為ですが

単純に軟弱なだけの男は嫌われます。

基本的に男らしくないのはNGですね。

今挙げたこの5つは大体8割9割の女性から
受け入れられないと言われるポイントですので

もし自分が当てはまる項目が一つでもあるなら
一刻も早く対策を打ってくださいね。

それから6割7割の女性から
受け入れられない項目が
あと4つあります。

一応これらについても解説しときますね。

 自己中心的な男
 ウザい男
 ケチな男
 女性から見て自分より細い男

これらも要注意です。

自己中やウザいやつってのは大体
最初のつかみだけは
よかったりするんですよね(笑)。

で、そのまま調子に乗り始めるんですよ。

そうすると次第に無視されるようになります。

もしあなたが

「あれ? 最初はウケがよかったのに、
 何だかみんなの反応が冷たいような・・・」

って思ったら実は周りから
ウザがられている可能性があります。

早めに軌道修正してください。

まぁ、筋金入りに自己中でウザいやつってのは
そのみんなの反応にすら気づかないんですけどね(苦笑)

これが一番イタいパターンです(苦笑)。

このメルマガを読んでいるあなたは
そんなことにならないように
時々「相手の立場に立って考える」ってことを
意識的にしてくださいね。

それからケチはかなりポイント下がります。

たとえば
「あっ、おれ車出すよ!」
って言ってみんなを乗せてあげといて

目的地に着いたら
ガソリン代を請求してみたりとかね(苦笑)。

ちょっと人間性を疑いますよね(苦笑)。

デートのときでもそうです。

ちょっとでも多く出してくれると、
女の子は大事にされている気がしてすごくうれしいんですよ。

でも、ケチだと
「お前に払う金は一銭もねぇ」 = 「お前は価値のない女だ」
って言われているみたいで、嫌。

だそうな。

もちろんケチと節約家は別ですよ。

投資すべき所にはきちんと投資して
無駄使いはしない。

それがベストですね。

で、自分より細い男っていうのは
なんと見ててイライラするらしいです(苦笑)。

これはつい最近女友達と話していて
「へぇー、そうなのかー」
って思ったんですけどね。

自分が細い=スタイルがいい
と勘違いしているのが許せないんだとか(苦笑)。

これが女性たちの心の声です。

世の細い男たち、がんばれ!
がんばって食え!!

まぁこれらは女性の内の6,7割ですが
もし当てはまりそうな項目がある場合は
注意が必要です。

今の話を参考に自分が最低ラインをクリアできているのか
もう一度考え直してみてください。

じゃないと、大好きなあのコに
いつまでも恋愛対象として
見てもらえませんからね。

それでは、まとめです。

★<基本ルール“最低ラインだけは超えておけ”>

・ 誰でも最低ラインがある

・ 最低ラインを超えることができないとどんなに他が優れていても
  彼女にはそれが見えない。

・ 8割~9割の女性から付き合えないと思われてしまう男
     がっつき過ぎの男
          ブサイクすぎる男
          不潔な男
          女の悪口を言う男
          女々しい男

・ 6割~7割の女性から付き合えないと思われてしまう男
          自己中心的な男
          ウザい男
          ケチな男
          女性から見て自分より細い男

・ まずは最低ラインをクリアすることをしないといつまで経っても
  恋愛対象として見られませんよ。

追伸
今回は最低ラインの話をしましたが
どうせなら見た目から考え方、そして生き方に到るまで
もうこの際だから全部一気に底上げしちゃいませんか?

ここでイエスと答える素敵なあなたはこちらをクリックしてみてください。

『あなという物語』
~たった一度きりの人生をヒーローとしていきるために~

きっとこの先にはあなたが求めている「何か」が見つかるはずです。

無料eBook|恋愛論

あなたは

「どうやったら可愛い彼女ができるかわからない」

「どうやったらモテるようになるかわからない」

と悩んでいませんか?

この『恋愛論』の中では彼女を作るために必要な理論、戦略、戦術、テクニックの全てを詰め込みました。

<内容の一部>
◆モテの5大原則
◆モテの基本ルール
◆女性が無意識に抱く6つの心理的障壁
◆最強の恋愛戦術QUEST(クエスト)
◆彼女をあなたから離れられなくする方法

などなど、

一読していただければ、恋愛という不確かで形の無いものが、ここまで論理立てて解明できるものなのか・・・と驚かれる事と思います。

さぁ、『恋愛論』をダウンロードして「モテる」という新たな境地の扉を開いてください。
メールアドレス

LINEで特典を受け取りたい方は以下から友達追加を行ってください。

友だち追加

▼QRコードを表示する

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)