「モテる体型の作り方」溢れ出る男らしさはこうやって手に入れろ!


どうも 甲本です。

いろんな女の子に聞き込みをしてみたところ、
女性に一番モテる体型はどうやらボクサー体型のようです。

太り過ぎは嫌だし、自分より細いのも嫌。

普通の体型よりは筋肉質な方がいい。

ということですね。

また、ガッチリ体型も好きな女性は結構多いです。

守ってくれそうで安心するんだとか。

実際、僕の周りのモテ男もガッチリ体型が結構多いです。

まぁ、何にしろ体は鍛えた方がいいって事ですね。

鍛えることによってテストステロンという
モテホルモンも分泌されますので、
女性は本能的にもそういう男に惹かれていきます。

見た目の改善にもなり、健康的にもなり、
女性の本能にまで訴えかけられるわけですからやるしかありません。

じゃ、どうやって鍛えたらいいのっていうのを解説します。

◆基本はストレッチ、有酸素運動、筋トレ

まず、運動の基本はこの3つです。

これらをバランス良く日常に取り入れることで体は着実に変わっていきます。
 

ストレッチ

ストレッチは動ける体、怪我しにくい体を作ってくれると共に
血流を良くし、代謝を上げてくれます。

朝起きてすぐとお風呂上がり、
寝る前などに行うとよいと思います。

朝は目を覚ます意味でも
ラジオ体操のような動く系のストレッチ運動。

アキレス腱を「おいっちにっさんし」とやるようなやつですね。

お風呂上がりは体を柔らかくするための
ヨガのようなグーッと引き伸ばす系のストレッチが有効です。

体が柔らかくなってくると動ける体になってる実感が少しずつ湧いてきます。

急に走り出してもアキレス腱切ったりしないぞというような自信ですね。
 

有酸素運動

次に重要なのが有酸素運動ですね。

物を燃やす時って酸素が必要ですよね?

脂肪を燃やす場合も同じなんです。

酸素を体にたくさん取り込む働きのある有酸素運動は
脂肪をガンガン燃やしてくれます。

脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪とありますが、
生活習慣病などの原因にもなりやすい内臓脂肪は
有酸素運動をすることによって減らしておきましょう。

内臓脂肪が減れば腹もひっこみます。

まずは歩く習慣から始めて、
慣れてきたらジョギングなんかも
休みの日には行ったらいいですね。

汗をかくのはデトックスにもなり
非常に体も心も気持ちいいものです。

もし、ボクサーがやってるような縄跳びや
シャドーボクシングで有酸素運動を行い、
体脂肪を減らしたい場合はこちらを御覧ください。

ボクサー式の縄跳びの解説動画

シャドーボクシングの解説動画
 

筋トレ

最後が筋トレですが、
体のアウトラインを作っているのは筋肉です。

なので、痩せるだけでなく
かっこいい体を作りたければ筋トレは欠かせません。

見た目だけを気にするならジムなどに通って
マシーントレーニングでモリモリ鍛えるのもいいんですが、
動ける体を作りつつ機能美を兼ね備えた肉体を目指すなら
自重トレが良いと思います。
 

基本は「腕立て」「スクワット」「腹筋」「レッグレイズ」の4種目。

それぞれ回数を決めて毎日の習慣にすると良いと思います。

習慣にするコツは

「いつ」「どこで」「何回」やるかを決めておくこと。
 

例えば、

朝起きたら(いつ)、
自分の部屋で(どこで)、
それぞれ20回ずつ(何回)
行う

という感じですね。

また、決めた回数できなくても
気にしないことが重要です。

何もしないよりは全然マシなので。
 

以上の3つの運動をバランス良く
あなたの日常に取り入れる事で
体は確実に変わっていきます。

ぜひ今日から始めてみましょう。
 

◆基礎代謝が脂肪燃焼の鍵

運動する習慣が身についたら、
次に気にしたいのが基礎代謝についてです。

基礎代謝というのはただ生きているだけで
消費しているエネルギーのこと。

僕らの体は黙っていても心臓が鼓動し、
肺が収縮し、血液が流れています。

それらには当然エネルギーを使いますから、
基礎代謝が高い人はそれだけで痩せやすいということになります。

で、この基礎代謝というのは見かけの基礎代謝と
実際の基礎代謝があります。

体重計なんかに乗って算出されるのが
見かけの基礎代謝です。

成人男性であれば大体1500キロカロリーくらいでしょうか。

しかし、本当に1500キロカロリー分を
ちゃんと消費している人は少なくて、
実際の基礎代謝はそれよりも低い人がほとんどです。

基礎代謝というものの内訳を見てみると

肝臓:27%
脳:19%
筋肉:18%
腎臓:10%
心臓:7%
その他:19%

という風に言われています。

つまり、

脳みそ使うのに約20%、
筋肉動かすのに約20%、
それ以外の60%は内蔵によるものです。

で、さっきの体重計に乗って算出される基礎代謝というのは
内臓がちゃんと動いている前提での基礎代謝であって、
実際は内臓機能の低下に伴い
基礎代謝を落としている人がたくさんいるという事ですね。

だから、内臓が元気ハツラツに動いてくれれば基礎代謝は上がる。

では、そのためにはどうすればいいのでしょうか?

僕がオススメしているのはきちんと内蔵を休ませてあげることです。

まずお酒。

週に3日は休肝日を作ってあげてください。

お酒は肝臓を酷使し、オーバーヒートした肝臓は機能を低下させてしまいます。

しかし、上の内訳を見ていただければわかる通り、
人体の中でもっともエネルギーを使っているのは肝臓です。

お酒が肥満を招く理由がわかりますね。
 

それと、もう一つ。

食事は12時間以内に済ませるということ。

逆を言えば、最後の食事から12時間は
内蔵を休ませてあげるという事です。

夜7時に晩御飯を食べたとすると、
翌朝7時まではカロリーのあるものを摂取しない。

毎日それをやってるだけでも
かなり内蔵にかかる負担は軽減され、代謝は上がります。

ぜひお試しあれ。
 

◆太る習慣を減らし、痩せる(絞る)習慣を増やせ

結局僕ら人間は習慣の動物です。

そして、その中には太る習慣と痩せる(絞る)習慣が存在します。

飲み会の後の締めのラーメンは太る習慣です。

寝る3時間前までに食事を
済ませるのは痩せる習慣です。

エスカレーターに乗るのは太る習慣です。

階段を使うのは痩せる習慣です。

痩せる習慣よりも太る習慣の方が多くあるから太ります。

それだけの事です。

だから、それを逆転させれば自然と体は絞れていきます。

そして、それは自分に合った痩せる習慣を
増やしていけばいいわけです。

自分に合わない方法をやろうとするから続かないし、結果が出ない。

一時期大ブームを巻き起こしたビリーズ・ブートキャンプみたいな
激しい運動が合っている人はそれをやればいい。

けど、そうじゃない人はもっと簡単にできて続けられる事を
増やしていく方がはるかに健全だと僕は思います。

習慣にしてしまえばリバウンドもしませんからね。
 

◆憧れのボクサー体型を目指すための通信講座

僕は自身のボクサーの経験を活かし、
肉体改造の通信講座も行っております。

この通信講座では先程お伝えした痩せる(絞る)習慣を
3ヶ月間で着実に身に着けていってもらいます。

毎週、僕から音声教材、資料やレジュメ、ビデオ教材などが届くので、
それを見て学んでください。

そして、毎週ミッションを提示しますので
それを1つ1つこなしていってください。

ボクシングの動きもたくさん教えますので
きっと楽しみながら3ヶ月間続けられると思います。

ミッションさえこなしてもらえれば
確実に体は変わるし、自信が付いてきます。

また習慣が変わるということは、
大げさでもなんでもなく人生が変わるということです。

もし、興味があればこちらから案内ページだけでも覗いてみて下さい。

このページを読むだけでも
かなり勉強になると思いますので。

『Boxer Method』(ボクサー・メソッド)
 

それでは、

あなたがモテる肉体を手に入れ、
女性たちからチヤホヤされる未来を祈っています。
 

甲本

 

無料eBook|恋愛論

あなたは

「どうやったら可愛い彼女ができるかわからない」

「どうやったらモテるようになるかわからない」

と悩んでいませんか?

この『恋愛論』の中では彼女を作るために必要な理論、戦略、戦術、テクニックの全てを詰め込みました。

<内容の一部>
◆モテの5大原則
◆モテの基本ルール
◆女性が無意識に抱く6つの心理的障壁
◆最強の恋愛戦術QUEST(クエスト)
◆彼女をあなたから離れられなくする方法

などなど、

一読していただければ、恋愛という不確かで形の無いものが、ここまで論理立てて解明できるものなのか・・・と驚かれる事と思います。

さぁ、『恋愛論』をダウンロードして「モテる」という新たな境地の扉を開いてください。
メールアドレス

LINEで特典を受け取りたい方は以下から友達追加を行ってください。

友だち追加

▼QRコードを表示する

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)